サイト内
ウェブ

新たな台風発生へ 沖縄に接近のおそれ 10月スタートは本州の南を北上か 動向注意

  • 2022年9月28日
  • tenki.jp

日本の南にある熱帯低気圧が、今後24時間以内に台風となり、29日(木)〜30日(金)にかけて沖縄の大東島地方に接近のおそれ。その後、10月のスタートにかけて、本州の南を北上する可能性も。まだ台風シーズンは続きます。今後の動向に注意して下さい。

24時間以内に台風へ

画像A

きょう28日(水)午前9時、日本の南の熱帯低気圧が、24時間以内に台風へ発達する見込みです。台風となれば、台風18号ということになります。

今後、北北西へ進み、あす29日(木)〜30日(金)にかけて、沖縄の大東島地方に接近するおそれがあります。その後は、10月のスタートは、本州の南を北上する可能性もあるため、動向に注意が必要です。

大東島地方 高波・強風に注意

大東島地方では、あす29日(木)からうねりを伴い、次第に波が高くなり、30日(金)にかけて波の高い状態が続く見込みです。海上や海岸付近ではうねりを伴った高波に注意してください。

29日に予想される波の高さは、3メートルでうねりを伴うでしょう。

また、あす29日(木)は北よりの風が次第に強まり、風の強い状態は30日にかけて続く見込みです。29日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、15メートル(25メートル)です。瞬間的には、風に向かって歩けないくらいの強い風が吹くため注意が必要です。

大気の状態が不安定なため、落雷や突風、急な強い雨に注意してください。

9月の台風 すでに平年上回る

画像C

今年の9月は、27日(火)までに6個の台風が発生しています。9月の発生数の平年は5個と、8月に次いで多い月ですが、今年は平年を上回る多さとなっています。

10月にかけても、台風シーズンはまだ続きます。
今後の情報に注意して下さい。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp