サイト内
ウェブ

関西 きょう午後から激しい雷雨 帰宅ラッシュ時には京阪神など都市部でも土砂降りに

  • 2022年9月27日
  • tenki.jp

きょう27日(火)の関西は、午後は全般に雨が降るでしょう。山沿いだけでなく、京阪神周辺など都市部でも雷を伴って雨脚が強まる恐れがあります。

きょう27日(火) 午後は大きめの傘が必要 雷を伴って激しく降る所も

画像A

関西では、きょう27日(火)の午後は広い範囲で雨が降るでしょう。山沿いだけでなく、都市部でも雷を伴って雨脚が強まる所があり、バケツをひっくり返したような雨が降る恐れもあります。夕方の帰宅ラッシュ時に雨脚が強まる所もあるため、外出の際に雨が降っていなくても、大きめの傘を持ってお出かけください。

雷雲が近づくサイン その時どうする?

画像B

外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単にわかる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。

雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。

週間天気 週末は晴れ 行楽や衣更えにもおススメの天気

画像C

関西では、あす28日(水)は明け方まで雨の降る所がありますが、日中は天気が持ち直すでしょう。
その後も、週末にかけて広い範囲で天気が崩れることはなく、10月1日(土)と2日(日)は、各地とも大体晴れる見込みです。昼間の気温は平年より高い所もありますが、乾いた空気が流れ込むため、日陰や風通しの良い所では、比較的過ごしやすくなるでしょう。
次の週末は、行楽だけでなく、洗濯干しや衣更えにもおススメの天気になりそうです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp