サイト内
ウェブ

午後も関東から北海道の太平洋側は局地的に激しい雨や雷雨 土砂災害や川の増水に警戒

  • 2022年9月24日
  • tenki.jp

きょう24日(土)の午後も、関東から北海道の太平洋側を中心に雨が降るでしょう。局地的に雷を伴った激しい雨が降りそうです。土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

土砂災害に警戒

画像A

きょう24日(土)の午後も、台風15号から変わった温帯低気圧や北日本に延びる前線の影響で、関東から北海道では太平洋側を中心に雨が降るでしょう。

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れるため、大気の状態が不安定になり、局地的に雷雨や激しい雨が降りそうです。短い時間で大雨になることもありますので注意が必要です。これまでの雨によって静岡県や神奈川県、福島県では土砂災害の危険が高まっている所もあります。雨が止んだ所でも、暫くは危険な状態が続きますので、崖や山の斜面などに近づかないようにしましょう。

このあとの雨の量は?

画像B

これから、あす25日(日)正午までの24時間に予想される雨の量は、多い所で

東海地方   60ミリ
関東甲信地方 100ミリ
東北地方   80ミリ
北海道地方  60ミリ

となっています。
土砂災害や、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

雨はいつまで?

画像C

大雨の原因をもたらす、低気圧と前線は、今夜になると関東の東や三陸沖に進む見込みです。夜には沿岸部の一部で雨が残りますが、広く雨は止むでしょう。ただ、雨が止んだあとでも、川が増水することや土砂災害が起きることは過去の例からもあります。雨が止んでもすぐに危険な所には近づかないようにしましょう。

危険な場所に近づかない

画像D

普段流れの遅い河川や用水路でも、大雨によって水かさが増したり、流れが速くなったりします。絶対に近づかないでください。
増水した用水路は道路との境目が分からなくなっていて、足を取られるおそれがあります。
雨水はアンダーパスに流れ込むため、すぐに冠水します。車が水没して故障し、車内に取り残されると非常に危険なため、無理をして通らず迂回するなどの対応をとってください。
急な大雨(ゲリラ豪雨)の時にはあっという間に冠水してしまうため、特に注意をしてください。

山などの急な斜面はいつ崩れるか分からないため、決して近づかず、家の中では斜面とは反対側に避難するようにしてください。
土砂災害警戒情報や大雨警報の危険度分布を細かく確認して、状況を常に把握するようにしましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp