サイト内
ウェブ

台風21号 強い勢力で北上 通過後も警戒

  • 2018年9月4日
  • tenki.jp

台風21号の影響で、近畿を中心に記録的な暴風や高潮となっています。台風21号は今後も強い勢力で暴風域を伴ったまま北上する予想。猛烈な風や雨に警戒。

台風21号 記録的な潮位、暴風、雨

台風21号は非常に強い勢力で12時頃に徳島県南部に上陸し、14時頃に兵庫県神戸市付近に再上陸しました。紀伊水道や大阪湾の沿岸では潮位が高くなり、過去最高を超過した所があります。また、四国や近畿を中心に猛烈な風が吹き荒れ、最大瞬間風速は和歌山市で57.4メートルを観測するなど、観測史上1位となりました。台風本体の活発な雨雲がかかり、所々で猛烈な雨が降っています。午後5時現在、北陸地方も暴風域に入り、非常に激しい風や猛烈な風が吹いています。

台風21号 暴風、高波警戒

台風21号は今後も暴風域を伴ったまま強い勢力で能登半島付近を進み、5日朝にかけて東北の日本海側沿岸を北上する予想です。その後、日本海北部で温帯低気圧に変わるでしょう。
東北や北海道でも5日午前3時頃にかけて急に風が強まり、猛烈な風が吹き荒れる所があるでしょう。西日本から北日本の海上は5日にかけて大しけや猛烈なしけとなりますので、暴風や高波に厳重に警戒して下さい。北陸地方でも海岸や河口付近で高潮による浸水に警戒が必要です。

猛烈な雨

台風の北上に伴って暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定となっています。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。今夜いっぱい局地的に猛烈な雨が降るでしょう。台風が通過した後も非常に激しい雨の降る所がありそうです。
中国、四国や近畿は今夜いっぱい、東海や関東、北陸は5日午前6時頃、東北、北海道は5日午前中にかけて活発な雨雲のかかる所がありそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要です。危険な場所には近づかないようにしてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp