サイト内
ウェブ

台風14号 雨の少ない中国地方で観測史上1位の記録的な大雨 河川の氾濫に厳重警戒

  • 2022年9月19日
  • tenki.jp

台風14号の影響で、普段、雨の少ない中国地方で観測史上1位の記録的な大雨となっています。氾濫危険水位を超えている河川もあるため、厳重な警戒が必要です。

台風の進路

画像A

台風14号は、19日16時半頃に島根県出雲市付近に再上陸しました。台風はこのあとも東よりに進み、20日3時には新潟県柏崎市付近、20日15時には根室市の南東で温帯低気圧に変わる見込みです。

19日16時現在、中国地方から四国にかけて風速25メートル以上の暴風域に入っています。

中国地方には、台風本体の活発な雨雲がかかり、記録的な大雨となっています。

中国地方 観測史上1位の記録的な大雨

画像B

台風本体の活発な雨雲がかかり、普段、雨の少ない中国地方で観測史上1位の記録的な大雨となっています。19日16時10分までの24時間雨量は、広島県安芸太田町の内黒山で356.0ミリ、島根県吉賀町237.0ミリなど、所々で観測史上1位の大雨となっています。

氾濫危険水位 超えた河川も

画像C

島根県益田市にある高津川では氾濫危険水位を超えていて、広島県の太田川でも一時、氾濫危険水位を超えました。

19日遅くにかけて、強弱を繰り返しながら、大雨が続く見込みです。大雨のピークを超えてから、河川が氾濫する事があります。引き続き、不要不急の外出は控え、むやみに、川や海には近づかないようにしましょう。

土砂災害にも警戒

画像D

また、中国地方では、これまでの記録的な雨で地盤がかなり緩み、土砂災害の危険度が高くなっています。雨が弱まったあとも、むやみに家の裏山などには近づかないようにしましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp