サイト内
ウェブ

台風14号 暴風エリア近畿地方へ 和歌山県で最大瞬間風速40.9メートル観測

  • 2022年9月19日
  • tenki.jp

大型の台風14号は、山陰付近を東進中。暴風の範囲は次第に東へ移り、和歌山県で最大瞬間風速40.9メートルを観測。あす20日にかけては、西日本をはじめ、北陸・東海・関東でも暴風に警戒が必要です。

和歌山県で最大瞬間風速40.9メートル

画像A

大型の台風14号は、19日15時現在、島根県出雲市付近を1時間におよそ35キロの速さで北東へ進んでいます。

中国地方と四国の一部が風速25メートル以上の暴風域に入っていて、間もなく近畿地方も暴風域に入る予想です。

暴風の範囲は次第に東へ移り、あす20日にかけては、西日本だけでなく、北陸や東海、関東でも暴風のおそれあります。

暴風エリア 徐々に東へ

画像B

きょう19日は、九州北部・中国・四国・近畿で、あす20日は中国・近畿・北陸で、最大風速30m/sの「猛烈な風」が予想されています。

「猛烈な風」とは、平均風速が30m/s以上の風を表しています。時速だと、およそ110km以上で、特急電車並みの速さです。このような猛烈な風が吹くと、走行中のトラックが横転したり、多くの樹木が倒れたりする恐れがあります。電柱や街灯で倒れるものや、ブロック塀や住家が倒壊するものがでる可能性もあります。(なお、瞬間風速は平均風速の1.5倍程度になることが多く、時には3倍以上になることもあります。)

屋外での行動は極めて危険です。九州では19日いっぱい、中国・四国では20日未明にかけて、近畿・東海・北陸はあす20日午前にかけて、不要不急の外出は控えるようにしてください。また、関東甲信もあす20日午前は最大風速23メートル、瞬間的には35メートルの暴風が吹くおそれがあるため警戒が必要です。

【19日に予想される最大風速(最大瞬間風速)】
九州北部地方、中国地方、四国地方、近畿地方 30メートル(45メートル)
九州南部、北陸地方、東海地方        25メートル(35メートル)

【20日に予想される最大風速(最大瞬間風速)】
中国地方、近畿地方、北陸地方   30メートル(40メートル)
四国地方、東海地方、東北地方   25メートル(35メートル)
関東甲信地方、北海道地方     23メートル(35メートル)

また、西日本ではうねりを伴って猛烈なしけとなり、東日本から北日本では大しけとなる所がある見込みです。高波・高潮にも警戒が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp