サイト内
ウェブ

台風21号に警戒を 奄美・九州の太平洋側

  • 2018年9月3日
  • tenki.jp

台風21号は沖縄県の大東島の北東海上を非常に強い勢力を保ちながら北上しており、今夜(3日)からあす(4日)朝にかけて奄美地方から九州の太平洋側に近づくでしょう。奄美地方や九州の太平洋側は暴風や高波に警戒し、大雨に注意が必要です。

奄美地方 台風21号 今夜最接近

台風21号はこれから今夜にかけても非常に強い勢力を保ちながら北上を続け、今夜(3日)には奄美地方に最も近づくでしょう。奄美地方はあす(4日)にかけて強い風が吹き、あす(4日)未明までうねりを伴い大シケとなる見込みです。船舶はうねりを伴った高波に警戒し、強風・落雷・突風・短時間に降る強い雨にもご注意ください。

九州の太平洋側 台風21号 あす(4日)明け方〜朝に最接近

台風21号は非常に強い勢力を保ったまま、あす(4日)朝には四国の南海上へ北上してくる見込みです。九州の太平洋側はあす(4日)明け方から朝にかけて台風21号が最も接近するでしょう。
このため、あす(4日)は鹿児島県の大隅地方の海上と種子島・屋久島地方、宮崎県の海上、大分県の豊後水道は最大風速で20メートルの非常に強い風が吹き、波の高さは6メートルと大シケとなる見込みです。暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要です。
また、台風の周辺には発達した積乱雲が取り巻いており、台風21号の接近に伴い、鹿児島県の種子島・屋久島地方、宮崎県、大分県を中心に大雨となるおそれがあります。これからあす(4日)夕方にかけての24時間に降る雨量は多い所で100〜120ミリに達する見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp