サイト内
ウェブ

猛烈な台風11号 沖縄の南で発達のピークに 3日以降は進路を北へ

  • 2022年8月31日
  • tenki.jp

猛烈な台風11号は1日から2日頃、沖縄の南で発達のピークを迎え、台風の中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は80メートルになる予想です。沖縄では長期間、荒天が続く恐れがあります。

猛烈な台風11号 発達のピークに

画像A

31日、台風11号は「猛烈な」勢力となっています。台風の強さは最大風速で決まり、「猛烈な」勢力とは一番強いランクです。11時現在、台風の中心気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートルで、最大瞬間風速は75メートルとなっています。

沖縄付近の海域は海面水温が30℃以上と高く、台風の発達しやすい状況となっています。台風11号は1日から2日頃、沖縄の南で発達のピークを迎え、台風の中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は80メートルになる予想です。

3日以降は台風11号は進路を北よりに変え、その後、東シナ海を北上する予想です。

沖縄は影響が長引く恐れ

画像B

大東島地方は、台風11号の暴風域から抜けましたが、沿岸の海域は、うねりを伴い猛烈にしけています。引き続き、海岸付近には近づかないようにしてください。

沖縄本島地方に暴風警報が発表されました。台風は31日夜のはじめ頃に沖縄本島地方に最も接近する見込みです。1日にかけて沖縄本島地方を中心に非常に強い風が吹き、大しけとなる所があるでしょう。

1日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は
沖縄地方:25メートル(35メートル)
奄美地方:20メートル(30メートル)

1日にかけて予想される波の高さは
沖縄地方:9メートル
奄美地方:7メートル

沖縄地方ではうねりを伴った高波に厳重に警戒し、暴風に警戒してください。また、奄美地方でもうねりを伴った高波に警戒が必要です。海岸付近には近づかないようにしてください。

また、沖縄地方では、1日にかけて、雷を伴った激しい雨が降る所があるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。

台風11号の動きは遅く、影響が長引く見込みです。沖縄地方を中心に4日頃にかけて、大荒れとなり、海上では猛烈なしけや大しけとなるおそれがあります。

離れた地域も大雨警戒

画像C

本州付近に停滞する前線に向かって台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、広く大気の状態が不安定になるでしょう。1日頃にかけて北海道の広い範囲と本州の日本海側を中心に大雨となるおそれがあります。太平洋側でも所々で雨雲や雷雲が発達するでしょう。

台風11号は4日には東シナ海を北上する予想で、台風の進路によっては、来週は九州や四国など西日本でも台風の影響を受けて、大雨や大しけとなるおそれがあります。最新の台風情報にご注意ください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp