サイト内
ウェブ

週間予報 台風と秋雨前線 離れた所も油断禁物 広範囲で長丁場の大雨のおそれ

  • 2022年8月29日
  • tenki.jp

メイン画像

この先、31日から前線が日本付近に停滞。台風11号周辺から熱帯由来の暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動は活発に。台風から離れた所も油断禁物。来週にかけて、広範囲で長丁場の大雨のおそれ。最新の情報をこまめに確認して下さい。

秋雨前線+台風 長丁場の大雨のおそれ

画像A

この先、あす(30日)は大陸から日本海へ前線が延び、31日からは日本付近に秋雨前線が停滞。南からは台風11号周辺から熱帯由来の暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になる見込みです。

目先、警戒が必要なのが、31日〜9月1日にかけて。前線上の低気圧が北日本を通過するため、青森県、秋田県、岩手県など東北北部で警報級の大雨のおそれがあります。先日、東北で大雨被害の大きかった地域とも重なるため、土砂災害や川の増水などに十分注意をしてください。

その後も前線は日本付近に停滞するため、東北〜九州、沖縄にかけて雨が続き、雨量が増えるおそれがあります。長丁場の大雨に警戒が必要です。

台風11号 北上予想も

画像B

強い台風11号は29日16時現在、父島の東の海上を西へ進んでいます。今後も暴風域を伴いながら西進し、31日には上から2番目のランク「非常に強い」勢力で沖縄付近に接近。9月1日以降は、予報円が大きく、進路に幅がありますが、3日以降は北上する可能性もあります。

今後、進路予報が大きく変わる可能性があるため、最新の情報をこまめに確認して下さい。

大雨への備えを

画像C

大雨が予想される場合、災害による被害を少しでも小さくしたいものです。そのために、あらかじめ備えておいていただきたいことは、次の3つです。

① 避難場所や避難経路の確認をしておきましょう。いざ大雨による災害が発生すると、避難経路が通れなかったり、避難場所に行けなくなったりすることもあります。複数の避難場所や避難経路を確認しておくことが大切です。また、川や斜面の近くは通らないようにするなど、浸水や土砂災害の危険性が高い場所を避難経路に選ぶのは、避けてください。確認した避難場所や避難経路の情報は、家族で共有しておきましょう。

② 非常用品の準備をしておきましょう。非常用の持ち出し品は、リュックなど両手が使えるものに入れて、すぐに持ち出せる所においてください。避難時に履く靴は、スニーカーなど、底が厚く、歩きやすい靴を用意するのが安全です。また、水道や電気など、ライフラインが止まった時に備えて、水や食料も用意してください。

③ 側溝などの掃除をして、水はけを良くしておきましょう。砂利や落ち葉、ゴミなどが詰まっていないかも、確認しておいてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp