サイト内
ウェブ

東北 あす24日(水)は貴重な晴れ 25日(木)から秋雨続く

  • 2022年8月23日
  • tenki.jp

きょう23日(火)は南下する前線の影響で青森・秋田県で局地的に雨雲が発達しています。午後は福島県内でも雨雲が発達する見込みで、激しい雨や雷雨に注意が必要です。あす(水)は貴重な日差しが届く一方、25日(木)からは秋雨前線が停滞し、長雨となるでしょう。先日の大雨の被災地では、土砂災害や川の増水などに十分注意が必要です。

きょう午後は福島県など太平洋側で雨雲発達

画像A

きょう23日(火)は寒冷前線が東北地方を南下中です。最初の画像の通り、正午現在、青森県から秋田県内に活発な雨雲がかかってます。
これまでの1時間降水量は、青森県今別町で20ミリ、秋田県八峰町八森で15.5ミリが明け方から朝にかけて観測され、局地的に雨脚が強まりました。
このあとは前線の南下に伴い、発達した雨雲のかかる範囲も南へ移動します。
特に、福島県内は午後3時頃から日付の替わる頃にかけて、局地的に1時間に30ミリの激しい雨が降り、傘を差しても濡れるような雨が降るでしょう。アンダーパスの浸水や、落雷、突風などにもご注意ください。帰宅前などに雨雲レーダーを確認しましょう。

あす24日は北部中心に貴重な日差し その後は秋雨 大雨も

画像B

あす24日(水)は前線が三陸沖へ離れ、北から乾いた空気が入ります。
日中は東北北部ほど晴れ、貴重な日差しが届くでしょう。前線の影響が残る南部3県は雲が多めですが、福島県の雨も朝までにあがる見込みです。この先の天気を考えると、あすのうちに洗濯を済ませると良さそうです。

25日(木)は秋雨前線の影響で福島県内で雨が降り出し、午後は秋田・岩手県の南部までにわか雨の可能性があります。
その後も秋雨前線が停滞し、東北地方は曇りや雨の日が続くでしょう。
特に、前線の活動が活発になる26日(金)午後から27日(土)頃は、断続的に雨の降り方が強まる恐れがあります。
先日の記録的な大雨被害のあった秋田・青森県内を中心に、土砂災害や川の増水に十分注意が必要です。

9月初めにかけて長雨 秋が深まる

画像C

9月初めにかけても、前線や湿った空気の影響で雨が断続的に降る見込みです。
まだ予想に幅はありますが、31日(水)頃も雨が強まる可能性があり、今後の情報にご注意ください。

きのう22日(月)は、仙台や山形でススキが開花しました。
9月初めの予想最高気温は青い枠で囲まれた日が増えて、平年を3度から5度ほど下回る日が多い見込みです。
太平洋側を中心に涼しくなりますので、あすの日差しを利用して秋の服を準備しておくと良さそうです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp