サイト内
ウェブ

関東 雨雲が発達中 大雨警報発表の所も  帰宅時間も所々で傘が必要 雨はいつまで

  • 2022年8月18日
  • tenki.jp

18日木曜11時現在、雨雲レーダーを見ますと、関東で雨雲が発達中です。「土砂降りの雨」や「非常に激しい雨」の降った所もあり、神奈川県の一部に「大雨警報」が発表されています。関東南部では、雨は夜には止んできますが、北部は、帰宅時間も所々で傘が必要になりそうです。

関東 「非常に激しい雨」を観測した所も

画像A

18日木曜の関東は、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込んでいるため、大気の状態が非常に不安定になっています。

11時現在、雨雲レーダーを見ますと、関東南部を中心に雨雲が広がり、あちらこちらに、発達した雨雲が確認できます。

神奈川県山北町の丹沢湖では、1時間に59.5ミリの「非常に激しい雨」を観測しました。これは、傘は全く役に立たないレベルで、車の運転は危険なほどです。丹沢湖では、平年8月ひと月分の降水量が236.1ミリですので、その約4分の1の雨が、たった1時間で降ったことになります。

また、神奈川県箱根町では、1時間に34.0ミリの「激しい雨」を観測し、神奈川県海老名市や横浜市日吉では、1時間に23.0ミリの「強い雨(土砂降りの雨)」が降りました。

このため、11時現在、神奈川県に「大雨警報」の発表されている所があります。低い土地の浸水に、警戒が必要です。また、東京都や神奈川県、千葉県には「大雨注意報」の発表されている所もあります。土砂災害にも、ご注意ください。

雨は いつまで?

画像B

画像C

この雨は、いつまで降るのでしょうか。

関東南部では、午後も沿岸部を中心に、広く雨が降るでしょう。神奈川県では、昼前まで、まだ「非常に激しい雨」の降るおそれがあり、千葉県や東京都でも、昼過ぎまで、局地的に雷を伴い激しい雨が降りそうです。夕方以降は、雨が止んできますが、埼玉県など、夕方まで雨や雷雨の残る所もあるでしょう。夜になると、雨が止みますが、お帰りの時間帯は、傘の置き忘れに注意が必要です。

一方、関東北部は、沿岸部では、昼過ぎまで雨や雷雨となるでしょう。内陸部ほど雨が遅くまで残り、局地的に、雨が激しく降るおそれがあります。夜のはじめ頃(18時〜21時頃)までは、内陸部の所々で雨や雷雨となるため、お帰りの時間帯も、傘があると安心です。落雷や突風、急な強い雨にも、お気をつけください。

また、最新の気象情報を確認することも、おすすめです。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像D

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。

②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。

③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp