サイト内
ウェブ

九州 18日昼前まで大雨の恐れ 土砂災害厳重警戒

  • 2022年8月17日
  • tenki.jp

九州は大気の状態が非常に不安定になっています。きょう17日午前には、活発な雨雲が九州北部にかかっており、あす18日昼前まで局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。大雨による災害に厳重に警戒してください。

ライン状の活発な雨雲かかる

あす18日にかけて活発な前線が九州北部へ南下する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州は大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。きょう17日午前には、対馬海峡から九州北部の周辺に活発なライン状の雨雲が発生し、激しい雨を降らせています。九州は、あす18日昼前まで局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。南西からの風が流れ込みやすい、九州の東シナ海側や九州山地沿いを中心に雨量が増える見込みです。予想雨量は、あす午前6時までの24時間に多い所で、長崎県150ミリ、佐賀県・福岡県・大分県120ミリです。雨雲が予想以上に発達し、同じ場所にかかり続けた場合は猛烈な雨が降り、さらに雨量が増える恐れもあります。

九州北部 土砂災害の危険度高まる

画像B

これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があります。図の土砂災害の危険度は、佐賀県や福岡県筑後地方、大分県西部などで赤色になっており、今後の雨でさらに危険度が増したり、危険な地域が広がる恐れがあります。17日午前9時現在、土砂災害警戒情報が、佐賀県嬉野市、福岡県大牟田市、みやま市、大分県日田市に発表されています。土砂災害に厳重に警戒してください。また、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。

危険な状況になる前に早めの避難を

画像C

土砂災害の直前には、前兆現象が起きることがあります。山鳴りや地響きなど異様な音がしたり、パラパラと小石が落ちてきたりします。また、斜面に亀裂が走ったり、突然水が噴き出したりすることもあります。普段と違う現象に気付いたら、すでに災害が迫っている恐れがあります。すぐに安全な場所に避難してください。
大雨の中、外はすでに危険な状況になっている場合もあります。避難が難しい場合には、建物の上の階やできるだけ斜面から離れた場所で身の安全を確保してください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp