サイト内
ウェブ

木曜日にかけて日本海側を中心に警報級の大雨 太平洋側でも局地的に激しい雨

  • 2022年8月16日
  • tenki.jp

18日(木)にかけて本州や九州の日本海側を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。雨雲が予想以上に発達した場合には猛烈な雨が降るおそれもあります。

日本海側を中心に発達した雨雲

画像A

きょう16日、前線を伴った低気圧が北海道を通過しています。低気圧から延びる前線が日本海から本州付近に近づいています。

北海道や本州、九州は日本海側を中心に発達した雨雲がかかっています。北海道では記録的な大雨となっている所があります。北海道今金町では24時間雨量が226.0ミリ(15時30分まで)と1976年の観測史上1位の値を更新しました。また、秋田県秋田市太平山では1時間に47.0ミリ(16時07分まで)の激しい雨が降りました。

日本海側を中心に大雨の恐れ

画像B

17日(水)は低気圧は千島近海へ達し、18日(木)には千島の東に抜けるでしょう。前線は17日(水)にかけて東日本から西日本に停滞する予想です。18日(木)には前線上に別の低気圧が発生して北東に進み、北日本を通過するでしょう。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、日本海側を中心に大気の非常に不安定な状態が続きそうです。

北海道や東北の大雨のピークは今夜(16日)までですが、18日(木)には再び活発な雨雲がかかる見込みです。北陸から九州では日本海側を中心に18日(木)にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。雨雲が予想以上に発達した場合には猛烈な雨が降るおそれがあります。関東や東海、四国など太平洋側でも雨が降り、局地的に激しい雨が降るでしょう。

予想雨量は

画像C

17日(水)18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
北陸地方、中国地方:180ミリ
九州北部地方:150ミリ
東海地方、近畿地方:120ミリ
東北地方:100ミリ

その後、18日(木)18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
中国地方:100から200ミリ
東北地方、東海地方、北陸地方、近畿地方:100から150ミリ

北海道や東北では土砂災害の危険度が非常に高まっている所があります。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

土砂災害の前触れは

画像D

大雨によって土砂災害が発生する時には、前触れとなる現象があります。いざという時のために、ぜひ覚えておいてください。

1つめは、がけや地面にひび割れができることです。
2つめは、木が裂ける音や石がぶつかり合う音が聞こえたり、土のにおいがしたりすることです。
3つめは、井戸や川の水、湧き水が濁ることです。湧き水が止まる場合も、前触れの一つです。
4つめは、がけや斜面から水が湧き出たりすることです。

そのほか、小石がバラバラと落ちてくる、地鳴りや山鳴りがする、雨が降り続いているのに川の水位が下がる、樹木が傾く、などがあります。このような時は、土砂災害の危険が高まっています。すぐに周りの人に声をかけて、安全な所へ避難してください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp