サイト内
ウェブ

北日本で記録的な大雨 次第に強雨エリア南下 東・西日本でも日本海側を中心に大雨

  • 2022年8月16日
  • tenki.jp

前線を伴った低気圧の影響で、北海道では記録的な大雨となっている所があります。前線は次第に南下し、強雨エリアも南下するでしょう。18日(木)にかけて本州や九州でも日本海側を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がありそうです。

北海道で記録的な大雨の所も

きょう16日、低気圧が北日本付近を進んでいます。北海道や東北では活発な雨雲がかかり、記録的な大雨となっている所があります。

24時間雨量が北海道今金町では226.0ミリ(13時20分まで)と1976年の観測始以来1位の値を更新しました。また、登別市や登別市カルルスでも24時間雨量が200ミリを超えるなど、大雨となっています。土砂災害や洪水害の危険度が高まっている地域があります。危険な斜面や増水した川には近づかないでください。

前線南下 日本海側を中心に大雨に警戒

低気圧から日本海へのびる前線が17日(水)にかけて北日本から東日本を南下し、18日(木)は東日本から西日本を南下する見込みです。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となるでしょう。強雨エリアは次第に東日本や西日本に移りそうです。

北海道や東北ではきょう16日、北陸から九州では18日(木)にかけて、日本海側を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。雨雲が予想以上に発達した場合には猛烈な雨が降る恐れがあります。

上の図はJWA独自予測モデルによる24時間雨量の日最大値(18日まで)です。日本海側を中心に所々に黄色で示される(100ミリ以上の雨量が予想される)地点があり、山陰の一部や長崎県の壱岐・対馬周辺はオレンジ色から赤で示される300ミリ前後に達するおそれがあります。

土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

大雨が発生したときは

画像C

実際に大雨が発生したら、危険な場所には近づかないようにしましょう。

普段、流れの遅い河川や用水路でも、大雨によって水かさが増したり、流れが速くなったりします。絶対に近づかないでください。増水した用水路は道路との境目が分からなくなっていて、足を取られるおそれがあります。

アンダーパスは雨水が流れ込むため、すぐに冠水します。車が水没して故障し、車内に取り残されると非常に危険なため、無理をして通らず迂回するなどの対応をとってください。

山などの急な斜面はいつ崩れるか分からないため、決して近づかず、斜面とは反対側に避難するようにしてください。土砂災害警戒情報や大雨警報の危険度分布を細かく確認して、状況を常に把握するようにしましょう。

大雨が長時間にわたって降り続くと、ダムは決壊を防ぐために放流を始める場合があります。上流にダムのある河川の近くに住んでいる場合は、ダムの水位情報を確認するようにしましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp