サイト内
ウェブ

北陸に活発な雨雲 午後には東北や北海道でも激しい雨に

  • 2022年8月15日
  • tenki.jp

今朝(15日)、北陸には活発な雨雲がかかり、1時間に15ミリ〜20ミリのやや強い雨が降りました。このあと東北や北海道でも次第に雨雲がかかりはじめ、局地的に激しい雨や雷雨となりそうです。あす16日にかけて大雨に警戒をしてください。

北陸ではザーザー降りの雨

きょう15日、大陸には低気圧があって、前線が日本海に延びています。

明け方から北陸には活発な雨雲がかかり、石川県輪島市の三井や福井県勝山市、岐阜県高山市清見などで1時間に15ミリから20ミリ近くのやや強い雨が降りました。また未明から明け方には和歌山県や福島県などで局地的に雨雲が発達し、和歌山県田辺市の栗栖川で1時間に29.5ミリ、福島県浪江町で1時間に20.0ミリの強い雨が降りました。

東北や北海道も次第に雨に

画像B

きょう15日は、次第に低気圧や前線が近づくため、北陸をはじめ、東北や北海道にも次第に活発な雨雲がかかり始めるでしょう。東北は日本海側や北部を中心に、昼頃から雨が降りだし、局地的に激しい雨や雷雨となりそうです。北海道は夜には広い範囲で雨が降る見込みです。

あす16日にかけて、低気圧や前線が北日本を通過し、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。

16日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
東北地方        150ミリ
北海道地方、北陸地方  100ミリ
その後、17日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
東北地方、北陸地方   100から200ミリ
北海道地方       100から150ミリ
の見込みです。

北陸や東北など、先週までの大雨で地盤の緩んでいる所があります。引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp