サイト内
ウェブ

15日 関東の天気 内陸は35℃以上の猛暑日も 山沿いや内陸は空模様の変化に注意

  • 2022年8月15日
  • tenki.jp

きょう15日の関東地方は日差しの出る所が多いものの、午後は山沿いや内陸では変わりやすい天気に。局地的な激しい雨や雷雨に注意が必要です。最高気温は内陸では35℃以上の猛暑日の所も。熱中症対策や紫外線対策を万全にしてお過ごしください。

午後は大気の状態が不安定に

画像A

きょう15日の関東地方は、高気圧に緩やかに覆われますが、気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。朝から晴れ間が出ますが、雲が広がりやすいでしょう。午後は、山沿いや、気温が上昇する内陸を中心に、大気の状態が不安定になりそうです。所々で雨が降り、栃木県などでは局地的に激しく降るでしょう。落雷や突風、ひょうに注意が必要です。

熊谷など内陸では35℃以上の猛暑日に

最高気温は、きのう14日と同じくらいか、やや高くなる所が多いでしょう。東京都心は猛暑日一歩手前の34℃くらい、横浜は33℃くらいまで上がりそうです。熊谷など内陸では35℃くらいまで上がり、猛暑日となりそうです。きのう14日以上に猛暑日の所が増えるでしょう。きょう15日は、関東で熱中症警戒アラートが出ている所はありませんが、引き続き、熱中症への警戒が必要です。日差しの出る所が多いため、屋外のレジャーの際など、紫外線対策も万全にしてお過ごしください。

あったら便利な熱中症対策グッズ

画像C

夏のレジャーなど、暑い中、外で過ごす時には、熱中症対策として、次のようなグッズがあると、便利です。

① ペットボトルや水筒に入った飲み物(水やスポーツドリンクなど)を用意して、気づいた時に、すぐ水分補給ができるようにしましょう。また、塩分タブレットや塩分の含まれた飴があると、大量の汗によって失われた塩分を、手軽に補給できます。
② 日傘や帽子で、日差しの暑さを遮りましょう。晴れた日は、地面に近い所ほど気温が高いため、背の低いお子さんは、大人よりも暑い空気に包まれてしまいます。また、帽子をかぶると、熱中症対策だけでなく、紫外線対策にも効果的です。帽子は、時々はずして、汗を蒸発させましょう。さらに、海岸など日陰のない所でのレジャーでは、日よけテントがあると、日陰を作り出すことができます。
③ 扇子やうちわ、携帯扇風機もおススメです。涼しい風で、体を冷やすことができます。
④ 冷却シートなどの冷却グッズも、上手に利用しましょう。ネッククーラーは、太い血管が体の表面近くを通っている首元を冷やすため、効率よくクールダウンできます。また、保冷剤や氷があれば、タオルなどにくるみ、体(首、脇の下、太ももの付け根など)にあてて、冷やすことができます。他にも、スカーフやバンダナがあると、水で濡らして首や頭に巻けば、水が蒸発する時にまわりの熱を奪うため、体温を下げることができます。

熱中症を予防するには、熱中症対策グッズを用意するだけでなく、なるべく涼しい所でこまめに休憩することや、「水分をとっている?」「少し休んだほうが良いよ」など声をかけ合うことも、忘れないでください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp