サイト内
ウェブ

全国的に大気不安定 台風から離れた場所でもゲリラ豪雨 激しい雨や落雷・竜巻に注意

  • 2022年8月13日
  • tenki.jp

きょう13日(土)は、台風から離れた場所でも局地的に雨雲が発達し、猛烈な雨の降った所もあります。このあとも局地的な大雨や落雷、竜巻などの激しい突風にご注意ください。

全国のあちらこちらで雨雲発達

画像A

きょう13日(土)は、台風8号が接近中の東海や関東甲信では台風本体の活発な雨雲が流れ込み、静岡県を中心に大雨が降っています。

九州から北海道にかけては日本海側ほど日差しがあり、西日本を中心に最高気温が35℃以上の猛暑日となっている所があります。
昇温に加えて、台風周辺の湿った空気が流れ込んでいるため、全国的に大気の状態が不安定です。
所々で雨雲が発達し、レーダーの解析で、石川県金沢市山沿い付近で1時間に約100ミリ、福井市付近で1時間に約80ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が相次いで発表されました。

今夜にかけて台風から離れた地域でも、急に猛烈な雨が降る恐れがあり、天気の急変に警戒が必要です。

今夜は東海や関東、東北で大雨警戒

画像B

きょう13日(土)夜は、東海や関東甲信、東北を中心に、大雨に警戒してください。

東北ではこれまでの記録的な雨で地盤が緩んでいる所があり、少しの雨でも警戒が必要な状況ですが、台風の北上とともに更に記録的な大雨のエリアが広がる恐れがあります。
あす14日(日)明け方にかけて、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

また、このあとも九州から近畿、北陸、北海道などでも局地的ににわか雨や雷雨となりそうです。変わりやすい天気に注意してお過ごしください。

雷雲が近づくサイン その時どうする?

画像C

外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単にわかる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。

雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp