サイト内
ウェブ

台風8号 13日午後にも東海〜関東甲信を直撃 夜にかけて大雨や暴風に警戒

  • 2022年8月13日
  • tenki.jp

メイン画像

台風8号は、きょう13日(土)の日中に東海や関東甲信にかなり接近し、上陸する見込みです。これから台風が直撃する東海や関東甲信では、雨や風が強まり荒れた天気に。

台風8号 東海〜関東甲信を直撃

台風8号は、きょう13日(土)午前9時現在、御前崎の南西約130キロを1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。

中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の東側390キロ以内と西側165キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風はきょう13日(土)日中には、東海から関東にかなり接近し、上陸する見込みです。
13日午後9時には、茨城県つくば市付近を時速30キロで速度を速めながら北東へ進み、あす14日(日)午前9時には、岩手県宮古市の東約230キロの海上を時速45キロで北東へ進む見込みです。

今回の台風はコンパクトながら、上陸とともにかなり湿った暖かい空気が流れ込み、大雨をもたらす特徴があります。
また、上陸すると、速度をはやめながら、東海、関東甲信を通過するため、「急激に荒れる」恐れがあります。

大雨や暴風の警戒時間帯は?

画像B

台風8号はこのあと東海や関東にかなり接近し、上陸する見込みです。
接近、上陸に伴って、台風本体の雨雲がかかり、雨が非常に激しく降ったり、風も急激に強まるでしょう。

警戒が必要な時間帯をまとめました。
特に東海では、昨日から大雨となっている静岡県を中心にこのあとも更に雨量が増える見込みで、今夜にかけて土砂災害などに厳重な警戒が必要です。
関東は東京都心を含む南部を中心に、夕方から夜にかけて、非常に激しい雨や雷雨となるでしょう。急に風も強まり、横殴りの雨となりそうです。
傘が役に立たないような雨が降る所もあるでしょう。どうしても外に出なければならない場合は、レインコートやレインブーツなどがよさそうです。
北部でも局地的には滝のような雨が降り、一気に道路が冠水するような大雨が降りそうです。
大荒れの時間帯は長くは続きませんが、急に雨や風が強まりますので、屋外の活動は極力控えて、安全な場所でお過ごしください。

また、台風が過ぎたあとも、あす14日(日)にかけて高波に注意、警戒をしてください。

台風の大雨 土砂災害の前触れは

画像C

台風が接近すると、大雨の恐れがありますが、大雨によって土砂災害が発生する時には、前触れとなる現象があります。いざという時のために、ぜひ覚えておいてください。

1つめは、がけや地面にひび割れができることです。
2つめは、木が裂ける音や石がぶつかり合う音が聞こえたり、土のにおいがしたりすることです。
3つめは、井戸や川の水、湧き水が濁ることです。湧き水が止まる場合も、前触れの一つです。
4つめは、がけや斜面から水が湧き出たりすることです。

そのほか、小石がバラバラと落ちてくる、地鳴りや山鳴りがする、雨が降り続いているのに川の水位が下がる、樹木が傾く、などがあります。このような時は、土砂災害の危険が高まっています。すぐに周りの人に声をかけて、安全な所へ避難してください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp