サイト内
ウェブ

静岡県 すでに総雨量が200ミリを超えた所も 今夜にかけて土砂災害に警戒

  • 2022年8月13日
  • tenki.jp

きょう13日(土)、台風8号の接近に伴い、静岡県では、局地的に激しい雨が降り続き、午前9時までの24時間降水量が200ミリを超えた所も。今夜にかけて、台風の影響でさらに雨量が増えるため、土砂災害に警戒を。

静岡県ではすでに大雨 土砂災害に警戒を

画像A

きょう13日(土)、台風8号は東海や関東に上陸する見込みです。台風の接近に伴い、東海や関東では、静岡県や神奈川県を中心に、活発な雨雲が流れ込んでいます。

特に、静岡県では、昨夜(12日)から断続的に激しい雨が降っていて、きょう13日(土)午前9時までの24時間降水量は、静岡県静岡市鍵穴で255.0ミリ、富士宮市で219.5ミリ、天城山で206.5ミリなど、200ミリを超える大雨になっている所があります。

このあと、今夜(13日)にかけて、雷を伴った猛烈な雨の降る所があるでしょう。あす14日(日)6時までに予想される24時間降水量は、多い所で300ミリの見込みです。大雨災害の危険度が急激に高まる可能性がありますので、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒してください。
また、海上では非常に強い風が吹き、うねりを伴って大しけとなるでしょう。

すでに浸水している場合は垂直避難も

画像B

すでに大雨によって浸水が発生し、深さが50cm以上となっている場合は、避難所などへ避難することが困難な場合があります。

避難所へ避難できない場合は、近くにある鉄筋コンクリート製などの頑丈な建物のできるだけ高い階に避難しましょう。近くに該当する建物がなく、自宅にいる場合でも、崖や斜面から離れた、2階以上の部屋に避難するようにしてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp