サイト内
ウェブ

北海道 週末は台風の影響も? 最新の情報に注意を!

  • 2022年8月11日
  • tenki.jp

北海道付近に停滞する前線や湿った空気の影響で、北海道では太平洋側を中心に雨の降りやすい日がしばらくの間は多くなりそうです。また今後、台風となる見込みの熱帯低気圧が今週末には北海道にも影響を与えそうです。台風の北上に伴う北海道への影響や注意点を解説します。

今週末は要注意!

気象庁が夕方に発表した情報では、日本の南を北上中の熱帯低気圧は今後24時間以内に台風となり、明後日13日には東日本へかなり接近する見込みとのことです。その後の進路予想では、14日の日曜日には北海道の南東海上に達し、温帯低気圧に変わる予想となっています。東北北部から北海道の南岸にかけては、ここ数日大雨をもたらしている前線が停滞しており、この前線に向かって台風が持つ暖かく湿った空気が流れ込むと前線の活動が活発となり、大雨をもたらす恐れがあります。また、14日頃には大陸から気圧の谷が接近し、伴う低気圧もやや発達しながら北海道付近に近づく予想となっています。これら低気圧や前線、加えて台風を取り巻く暖かく湿った気流が重なる可能性のある今週末は北海道でも太平洋側を中心に大雨となる恐れがありますので、最新の情報に注意が必要です。

海上では高波やうねりの発生する恐れも

北海道の太平洋側沿岸や三陸沖の海域では、前線や前線上を短い周期で通過する低気圧の影響で、ここ数日波のやや高い状態が続いています。この状況で台風が東日本の太平洋側を北上すると、北海道から遠く離れた位置からでも高波やウネリをもたらす可能性があります。夏や秋に時折現れる「土用波」といわれるもので、風がおさまっていても、沿岸には急に高波の押し寄せる危険があります。この週末は海へ出かける計画を立てられている人もいるかもしれませんが、最新の気象情報に注意し、台風が日本付近を通過している間は海へのお出かけは控えることも検討して下さい。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp