サイト内
ウェブ

2週間天気 東北北部 大雨による災害に厳重警戒 13日は台風が関東にかなり接近か

  • 2022年8月11日
  • tenki.jp

東北付近には前線が停滞。東北北部は大雨が続き、新たな災害発生に厳重な警戒を。新たな台風が発生して、13日(土)は台風が関東にかなり接近するおそれも。

12日(金)〜18日(木) 前線による大雨 続く

画像A

あす12日(金)以降も、東北北部を中心に大雨に警戒が必要です。あす12日(金)にかけては、前線上の低気圧が北日本を通過する予想で、東北北部や北海道の南西部や東部で発達した雨雲が次々とかかるでしょう。東北では1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降る所がありそうです。

その後も16日(火)頃にかけて同じような場所で雨が続き、さらに雨量が増えるでしょう。これまで大雨による災害が発生したことがない所でも、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

17日(水)〜18日(木)は前線が南下して、関東から九州で断続的に雨が降りやすいでしょう。前線が離れる東北は、大雨の峠を越える見込みです。北海道や東北は涼しい空気に入れ替わって、北海道は快適な陽気になるでしょう。

新たな台風 関東に接近

画像B

もう1つ警戒が必要なのは、台風です。

11日(木)山の日の午前9時現在、南の海上にある熱帯低気圧が、今後24時間以内に、台風に発達する予想です。あす12日(金)は南の海上を北よりに進み、13日(土)午前9時には御前崎の南に進むでしょう。13日(土)には関東にかなり接近するおそれがあります。

あす12日(金)は台風周辺から流れ込む湿った空気の影響で、東海では雨が降りだし、海上ではうねりを伴って波が高くなるでしょう。関東では13日(土)の午後を中心に雨や風が強まり、警報級の大雨や高波となる可能性があります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、高波に注意・警戒してください。

19日(金)〜24日(水)  関東以西 残暑が続く

画像C

19日(金)と20日(土)は、九州から北海道で雲の多い天気になりそうです。21日(金)はザッと強い雨の降る時間があるでしょう。22日(月)以降は短い周期で天気が変わりそうです。

最高気温は北海道や東北では、平年より低い日もあるでしょう。北海道では日中でも20℃に届かない日があり、羽織るものが必要になりそうです。一方、関東から九州、沖縄は平年並みの日が多く、残暑が続くでしょう。8月後半になっても、内陸を中心に35℃以上の猛暑日になることもあり、熱中症対策が欠かせません。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp