サイト内
ウェブ

台風8号「メアリー」発生 13日に関東や東海に接近のおそれ

  • 2022年8月12日
  • tenki.jp

12日(金)午前3時、日本の南で、台風8号「メアリー」が発生しました。台風はこのあと北上を続け、13日(土)に関東・東海に接近するおそれがあります。

台風8号「メアリー」発生

きょう12日(金)午前3時、日本の南で台風8号「メアリー」が発生しました。中心気圧は1004hPa、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sとなっています。台風8号は今後、北上を続け、あす13日(土)に関東や東海に接近するおそれがあります。

台風が近づく前から、影響が出始めるでしょう。南から湿った空気が流れ込みやすくなるため、きょう12日(金)から東海を中心に所々で雨雲や雷雲が発達しそうです。
また、波が次第に高まるでしょう。うねりと伴うため、思わぬ高波が急に押しよせる危険もあります。お盆休みに入り、海のレジャーを予定されている方もいると思います。最新の情報を確認しつつ、計画の見直しも検討してください。

13日(土)には、関東や東海の広い範囲で雨が強まり、台風の進路等によっては警報級の大雨となるおそれもあります。高波にも警戒が必要です。

台風が近づく前の対策 大雨に備えて

画像B

今回の台風では大雨が心配されますが、事前に備えておくポイントは、次の3つです。

1つめは、水害に備えて、雨どいや排水溝、側溝を掃除し、水はけを良くしておきましょう。砂利や落ち葉、ゴミなどが詰まっていないかも、確認しておいてください。

2つめは、浸水による被害を防ぐため、家財道具や家電製品、食料品などは、可能な限り、高い所や2階以上へ移動させておくと良いでしょう。押し入れの下の段に入っているものは、上の段に移しておくだけでも、被害を小さくできます。

3つめは、電源のコンセントは抜いておくと良いでしょう。電源のコンセントが水につかると、漏電やショート、感電の恐れがあります。

いずれも、台風が近づいてから備えるのではなく、台風情報を確認して、早めに対策を行ってください。

台風の名前

「メアリー」は、北朝鮮が用意した名前で「やまびこ」に由来しています。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)で各加盟国などの提案した名前が、あらかじめ140用意されていて、発生順につけられます。準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp