サイト内
ウェブ

東北北部で記録的な大雨 土砂災害や洪水害の危険度が高い所も 大雨の範囲広がる恐れ

  • 2022年8月10日
  • tenki.jp

東北北部では記録的な大雨となり、きょう10日も土砂災害や洪水害の危険度が非常に高くなっている所があります。記録的な大雨の範囲は今後広がる可能性があります。土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒してください。

記録的な大雨

前線の影響で東北北部で記録的な大雨となっている所があります。24時間雨量は深浦町では325.0ミリ(10日3時50分まで)と観測史上1位の値を更新しました。平年の8月の雨量の2倍近い雨が一気に降りました。そのほか、青森県鰺ヶ沢町や青森県弘前市の岳、秋田県八峰町で24時間雨量が200ミリ前後と、観測史上1位の記録的な大雨となっています。

土砂災害や洪水害の危険度が非常に高い所も

画像B

10日7時現在も、記録的な大雨となり、土砂災害や洪水害の危険度が非常に高くなっている所があります。

青森県や秋田県では土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっています。避難が必要となる危険な状況となっています【警戒レベル4相当情報[土砂災害]】。崖の近くや谷の出口など土砂災害警戒区域等にお住まいの方は、市町村から発令される避難指示などの情報に留意し、少しでも安全な場所への速やかな避難を心がけてください。

画像C

また、国土交通省と気象台は青森県内を流れる岩木川について、当分の間、氾濫危険水位付近の水位が続く見込みだとして、引き続き「氾濫危険情報」【警戒レベル4相当情報[洪水]】を出して、自治体からの避難の情報を確認するとともに適切な防災行動をとるよう呼びかけています。

東北北部を中心に、今後も断続的に雷を伴って非常に激しい雨が降り、総雨量が多くなるでしょう。記録的な大雨の範囲は今後広がる可能性があります。土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒してください。

前線は向こう1週間程度、北日本に停滞する予想で、大雨が長引く恐れがあります。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp