サイト内
ウェブ

北海道 9日にかけて大雨の恐れ その後も天気がぐずつく?

  • 2022年8月7日
  • tenki.jp

明日(8日)の北海道付近には、活動が活発な前線が延び、明後日(9日)にかけて通過するでしょう。明日昼頃には渡島半島周辺から雨が強まり、夜にかけて雨の範囲が次第に広がる見込みです。雨は明後日(9日)にかけて続き、局地的に大雨となる恐れがあります。

8日は午後を中心に雨 局地的に激しい雨も

明日(8日)の北海道付近は、西から前線が延びてきます。南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。渡島や檜山地方は、明日の昼前には雨が降り出し、降り方が強まってきます。昼過ぎにかけては道央や道北、胆振、日高地方にも雨の範囲が広がるでしょう。道南方面では昼過ぎから、道央や道北では夜から、局地的に1時間に30ミリから40ミリと激しく降る恐れがあります。明日午後6時までの24時間に降る雨の量は、日本海側南部と太平洋側西部の多い所で100ミリに達するでしょう。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意して下さい。道東方面でも夕方から夜を中心に雨が降りやすくなるでしょう。

9日は午前を中心に雨 局地的には大雨に

明後日(9日)の北海道付近は、前線が通過するでしょう。特に午前中は湿った空気が流れ込み、大気の非常に不安定な状態が続く見込みです。本州の梅雨末期のような非常に暖かく湿った空気が北海道に流れ込むため、明日午後6時から明後日午後6時までの24時間に降る雨の量は、多い所でさらに100ミリから150ミリとなるでしょう。前線は同じ場所に留まるわけではないので、広い範囲に影響がありそうです。屋外での活動はなるべく控えた方がよいでしょう。

その後も雨の降りやすい状態が続く

画像C

9日午後には雨は広く弱まり、10日は晴れ間の出る所がある見込みです。しかし11日には再び太平洋側を中心に暖かく湿った空気が流れ込み、雨が降るでしょう。今回の雨で大雨となってしまった場合、土壌が十分に雨を吸った状態となるため、少しの雨でも土砂災害となったり川が増水してしまったりすることもあります。引き続き急な斜面や川などにはなるべく近寄らないようにして下さい。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp