サイト内
ウェブ

北陸 3日(水)〜4日(木)は前線南下型の大雨に要警戒

  • 2022年8月2日
  • tenki.jp

3日(水)〜4日(木)にかけて、前線が北陸地方を南下するでしょう。前線南下型は北陸にとって大雨になりやすい気圧配置となります。警報級の大雨となるおそれもありますので、最新の情報に十分な注意が必要です。

3日(水)夜〜4日(木)午前中にかけて前線南下型の大雨 大雨・短時間強雨に警戒

画像A

3日(水)は、前線上の低気圧が日本海から東北地方へ進むでしょう。この低気圧や前線に向かっては、元台風6号や5号に由来する暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。さらに、低気圧通過後の3日(水)夜〜4日(木)午前中にかけて、前線が北陸地方を南下する見込みです。この前線が南下するパターンは、北陸にとっては海上から直接強い雨雲が流れ込む形となり、山間部では地形によって上昇気流が強化され、雨雲が発達するため、大雨になりやすい気圧配置となります。
これから3日(水)18時までの24時間雨量は、低気圧の影響を受ける新潟の下越地方では多い所120ミリが予想され、一時間に40ミリ前後の激しい雨の降る所があるでしょう。前線や低気圧から離れた富山・石川・福井でも一時的に強い雨の降る所がある見込みです。
さらに、前線が南下する3日(水)夜〜4日(木)午前中にかけては、新潟方面から順に雨のピークを迎え、3日(水)18時から4日(木)18時までの24時間雨量は、新潟の多い所で100〜150ミリ、富山・石川・福井でも多い所50〜100ミリの雨が予想されます。さらに、4日午前中は局地的に一時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、警報級の大雨となるおそれもあります。
土砂災害や低い土地の浸水・河川の増水・氾濫に注意・警戒して下さい。4日(木)朝の通勤・通学は交通機関の乱れも予想されますので、最新の情報に十分に注意して下さい。また、この方面へ登山を計画されている方は、最新の山の天気予報も参考に、行動計画の変更や中止も視野に、慎重な判断をお願いします。
また、3年ぶりに開催されている長岡の花火大会も、3日(水)は雨の予想です。雷を伴って激しく降るおそれもあるため、こちらも、雨雲レーダーや最新の天気予報などを参考に、行動計画を立てるようにしてください。

短時間強雨の際の注意事項は?

画像B

北陸地方では3日(水)には新潟の下越地方を中心に一時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。これは、バケツをひっくり返したように降る雨で、道路が川のようになります。更に、4日(木)午前中には一時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所があるでしょう。これは、滝のような降り方で、視界が悪化し、車の運転は危険な状態となります。車でお出かけの方は、スピードをいつも以上に控えて安全運転を心がけるようにしてください。
また、短時間強雨時は、アンダーパスなど、排水が追い付かずに浸水することがあります。また、河川や用水路は急激に水かさが増しますので、近寄らないようにしましょう。山間部などは、斜面や崖が崩落することもあるので、お出かけされる場合は、いつも以上に周囲に気を付けながら行動して下さい。

画像C

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp