サイト内
ウェブ

台風接近 局地的な大雨のおそれ 東北

  • 2018年8月24日
  • tenki.jp

各地で大雨をもたらしている台風20号は、24日9時の時点で日本海を北東に進んでいて、北日本に近づいています。東北地方では、きょう24日昼過ぎから夜のはじめ頃にかけて、日本海側北部を中心に、雷を伴って局地的に滝のような雨が降り大雨になるおそれがあります。今後の気象情報はこまめに確認しましょう。

台風20号 接近中

画像A

東北北部では、台風20号周辺の発達した雨雲がかかる24日昼過ぎから夜のはじめ頃にかけて雨脚が強まりそうです。台風に近い日本海側北部を中心に局地的に滝のような雨が降り大雨になるおそれがあります。危険な崖や斜面、用水路や川には近づかないようにしてください。
また、日本海側北部の海上は大しけになる予想です。きょう24日夜にかけて暴風や高波に警戒が必要です。海岸付近には近づかないようにしましょう。

あす25日(土)天気急変と暑さに注意

画像B

台風20号は今夜には温帯低気圧に変わる見込みです。ただ、東北地方には台風が運んできた蒸し暑い空気が残り、変わりやすい天気になりそうです。日本海側南部を中心に雷雲(積乱雲)が発達して局地的に雨脚が強まるおそれがあります。お出かけの際は、落雷や突風に注意が必要です。
また、海上は引き続きうねり伴う予想です。海のレジャーの際にはご注意ください。
あす25日日中の最高気温は、東北南部を中心に、35度を超えて猛暑日になるところがあるでしょう。暑さ対策も万全にしてお過ごしください。
変わりやすい天気は、26日(日)にかけても続きそうです。洗濯物の外干しは、空模様の変化にご注意ください。

あす25日(土)「大曲の花火大会」

第92回全国花火競技大会「大曲の花火」があす25日(土)、秋田県大仙市大曲で行われる予定です。
暖かく湿った空気が流れ込む影響で、大仙市大曲の天気は変わりやすく、にわか雨の可能性があります。念のため折り畳み傘があると安心です。また、日が落ちた後も気温が下がりにくくなりそうです。花火観覧の際には汗拭きタオル、扇子、飲み物を持つなど熱中症にはくれぐれも気をつけて、大迫力の花火大会をお楽しみください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp