サイト内
ウェブ

10日(日)午後も天気変わりやすく 関東・東北で発雷確率高め 滝のような雨の所も

  • 2022年7月10日
  • tenki.jp

きのう9日(土)に続き、きょう10日(日)も近畿から北海道にかけて大気の状態が不安定です。特に関東北部や東北南部で発雷確率が高く、局地的には滝のような非常に激しい雨が降る恐れも。北海道も雷雨に注意が必要です。

10日(日)午後は局地的な大雨や雷雨に注意

画像A

きょう10日(日)も、日本付近は湿った空気と、上空の寒気の影響で大気の状態が不安定です。

10日(日)昼過ぎから夜にかけては、近畿から東北を中心に雨や雷雨の所があり、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがあります。
特に、発雷確率が高くなっているのが、関東北部や東北南部です。降れば一気に道路が冠水するような滝のような雨になる恐れがあります。
急に空が暗くなってきたり、雷が鳴る音が聞こえたら、早めの避難を心がけてください。

10日(日)未明に「非常に激しい雨」を観測した所も

画像B

ここ数日、全国のあちらこちらで「記録的短時間大雨情報」の発表が相次いでいます。

きのう9日(土)は、福井県越前市付近では、レーダーの解析で午後3時20分までの1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、また、越前市粟田部で109ミリの猛烈な雨が降り「記録的短時間大雨情報」が発表されました。
そのあとも、京都府福知山市中部付近と北部付近で、午後6時40分までの1時間に約90ミリの猛烈な雨が降ったとみられ「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

1時間に80ミリ以上の「猛烈な雨」は、息苦しくなるような圧迫感のある雨、1時間50ミリ以上の雨は、滝のようなゴーゴーと降り続く雨で、道路が一気に冠水するような降り方となり、車の運転は大変危険です。

きょう10日(日)未明は、三重県桑名市で1時間に68.0ミリ、静岡県浜松市三ケ日で1時間66.5ミリなどと、東海を中心に非常に激しい雨や激しい雨が降りました。
東海の雨はいっときより弱まっていますが、このあとも雨が降り、局地的に強まる予想です。
これまでの大雨で地盤の緩んでいる所がありますので、これから雨が降ると災害につながる恐れがあり、警戒、注意が必要です。

上流のゲリラ豪雨(局地的な大雨)を知るには

画像C

ゲリラ豪雨(局地的な大雨)によって、危険な状態になるのは、自分のいる所に雨雲がかかる場合だけではありません。川の上流でゲリラ豪雨(局地的な大雨)が発生すると、雨が降っていない下流でも、被害が発生する恐れがあります。

上流のゲリラ豪雨(局地的な大雨)を知るポイントは3つ。1つめは、川の水かさが急に増えること、2つめは、川の水が濁ること、3つめは、木の枝などが流されてくることです。また、サイレンはダムを放流する合図なので、川のそばにいて、サイレンを聞いた場合も、必ず川から離れてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp