サイト内
ウェブ

西日本は午前中から気温グングン上昇 午後も各地で熱中症に警戒を

  • 2022年7月7日
  • tenki.jp

きょう7日は西日本を中心に気温が上がっています。西日本では猛暑日となる所があり、東日本・北日本も30度前後まで気温が上がる予想です。湿度も高く、蒸し暑いため午後も全国的に万全の熱中症対策をしてお過ごしください。

7日 西日本では猛暑日の所も 熱中症に警戒を

きょう(7日)は日差しの出ている所が多く、午前中から西日本を中心に気温が上がっています。正午までの最高気温は、岡山県高梁市で34.3度、福岡県太宰府市で33.9度を観測しています。また、福岡市や大阪市、名古屋市、広島市などでも30度以上の真夏日となっています。

このあとも各地で気温が上がる見通しで、予想最高気温は、大阪や京都、福岡などで35度と、各地で猛暑日となる予想です。そのほか西日本では広く30度を上回る暑さとなるでしょう。また、東日本は30度前後、北日本でも30度近くまで気温の上がる所があり、また、湿度も高いため、午後も各地で熱中症に注意・警戒が必要です。

「熱中症警戒アラート」が発表

「熱中症警戒アラート」が、愛知県、三重県、和歌山県、徳島県、長崎県、大分県、八重山地方に発表されています。これらの地域では、特に熱中症に警戒してください。
昼夜を問わずにエアコンを使用し、喉が渇いていなくても水分補給をするようにしてください。また、高齢者や子どもなど熱中症のリスクが高い人には、周りの方が声掛けをお願いします。

熱中症を引き起こす条件

画像C

熱中症は、誰でも発症するおそれがあり、引き起こす条件は、大きく3つ挙げられます。

1つめは「環境による条件」です。その日の気温が高いだけでなく、急に暑くなった日や、熱波の襲来も危険です。また、湿度が高い、風が弱い、日差しが強いといった気象条件も、熱中症を引き起こします。締め切った室内や、エアコンがない所といった環境も、熱中症には特に注意が必要です。

2つめは「体による条件」です。高齢者や乳幼児、体に障害がある方は、周りの方が特に気をつけてあげてください。肥満や持病(糖尿病、心臓病、精神疾患など)のある方も、熱中症にかかるリスクが高まります。低栄養状態、脱水状態の方は、体にこもった熱を、効率良く体の外へ逃がせなくなるおそれがあります。二日酔いや寝不足などの体調不良でも、熱中症にかかりやすくなってしまいますので、ご注意ください。

3つめは「行動による条件」です。激しい運動をしたり、慣れない運動をしたりすると、体内で熱が発生しますが、その熱が体の中にこもったままだと、熱中症にかかりやすくなります。長い時間の屋外作業や、水分補給がしにくい状況も、熱中症を引き起こす原因になりますので、十分お気を付けください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp