サイト内
ウェブ

元台風4号の影響続く 西〜東日本の太平洋側は大雨に警戒 関東は今夜から雨強まる

  • 2022年7月5日
  • tenki.jp

きょう5日(火)は、午前9時に台風4号は温帯低気圧に変わりましたが油断は禁物です。低気圧本体の雨雲と低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、西日本から東日本の太平洋側では引き続き大雨への警戒が必要です。土砂災害や、河川の増水や氾濫に注意してください。関東地方は今夜から雨が強まるでしょう。

このあとも大雨に警戒

画像A

きょう5日(火)は、台風4号は午前6時前に長崎県佐世保市付近に上陸しましたが、午前9時には九州で温帯低気圧に変わりました。ただ、温帯低気圧に変わっても安心は出来ません。低気圧本体の雨雲と低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、西日本から東日本の太平洋側では、局地的に非常に激しい雨が降るなど、引き続き大雨の警戒が必要です。土砂災害や、河川の増水や氾濫に注意してください。

高知県では、きょう5日(火)の正午までの24時間に、400ミリ以上の雨が降り、徳島県や和歌山県でも200ミリを超える雨の降った所もありました。九州から近畿の太平洋側では、土砂災害の危険が高まっている所もあります。

このあとも、四国や近畿〜関東の太平洋側を中心に多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所があります。低い土地の浸水、河川の増水にも十分注意してください。また、関東地方は今夜からあす6日(水)にかけて、雨脚が強まるでしょう。大気の状態も不安定になるため、落雷やひょうなどにも注意が必要です。多い所では1時間に30ミリ〜40ミリほどの激しい雨が降る所もあるでしょう。この後も最新の情報を確認してください。

元台風から遠い北日本も注意

画像B

一方、元台風4号から遠い、東北と北海道も注意が必要です。上空6000メートル付近には氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいて、大気の状態が非常に不安定になっています。上の図は、発雷確率を表し、北海道や東北では発雷の確率が高くなっていて、発雷の確率が高い、オレンジや赤色が所々に見られます。雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。すでに、青森県や山形県、福島県では局地的に非常に発達した積乱雲が発生しています。黒い雲が近づくや、急に冷たい風が吹く、遠くでゴロゴロと雷の音が聞こえるなど、天気の急変の合図を見逃さないようにしましょう。

雷雲が近づくサイン その時どうする?

画像C

外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単にわかる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。

雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp