サイト内
ウェブ

きょう5日 関東甲信 局地的な大雨の恐れ あす6日にかけて浸水害に注意・警戒

  • 2022年7月5日
  • tenki.jp

きょう5日(火)、関東甲信では雷を伴って短い時間に激しい雨が降り、大雨となる所も。低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意・警戒を。雹(ひょう)の降る恐れがあるため、農作物や農業施設の管理にも注意。

あすにかけて大雨の恐れ

画像A

きょう5日(火)、関東甲信には、太平洋高気圧の縁を回って暖かく湿った空気が流れ込んでいます。また、上空6000メートル付近には氷点下6度以下の寒気が流れ込むため、大気の状態が不安定となる見込みです。

あす6日(水)には、台風4号から変わる低気圧が、本州の南岸を東へ進む見込みです、関東甲信は大気の不安定な状態が続くでしょう。

このため、関東甲信では、これから広い範囲で雨が降り、局地的に雷を伴って道路が川のようになるほど激しい雨が降りそうです。あす6日(水)にかけても断続的に雨が降り、雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨となる可能性があります。

6日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
関東地方北部:80ミリ
関東地方南部:100ミリ
甲信地方:120ミリ
伊豆諸島:100ミリ

その後、6日6時から7日6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
関東地方北部・南部、甲信地方:50から100ミリ
伊豆諸島:100から200ミリ
の見込みです。

低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意・警戒してください。また、落雷や竜巻などの突風、雹(ひょう)にも注意が必要です。

湿度が高いため、油断しないで熱中症対策を

画像B

最高気温は、きのう4日(月)と同じくらいの所が多いでしょう。
東京都心や前橋は29℃、宇都宮は30℃、横浜と熊谷は28℃の予想です。

午後は広く雨が降るため、湿度が高くなります。湿度が高いと汗が蒸発しにくく、体の中に熱がこもりやすくなるため、熱中症の危険が高まります。猛烈な暑さでなくても、こまめな水分補給を心がけるなど、熱中症に注意してください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp