サイト内
ウェブ

台風4号 5日は九州へ 6日までに低気圧に変わる予想でも油断せず 大雨に警戒

  • 2022年7月4日
  • tenki.jp

台風4号は5日(火)に九州に上陸または接近する予想です。台風はその後、西日本を東よりへ進み、6日(水)までには温帯低気圧に変わる予想です。低気圧には変わりますが、熱帯由来の湿った空気を大量に運びこむため、大雨に警戒が必要です。

台風4号の進路と特徴

きょう4日15時現在、台風4号は東シナ海を北北東へ進んでいます。日本付近には台風周辺の湿った空気や高気圧の縁を回る湿った空気が流れ込んでいます。また、東日本や北日本の上空6000メートル付近に氷点下6℃以下の寒気が入り、大気の状態が非常に不安定となっています。台風の接近前から九州から北海道の所々で雨雲や雷雲が発達しています。

今回の台風の特徴は中心の東側に広く発達した雨雲がかかり、中心から離れた所でも大雨となること、また台風の動きがゆっくりで影響が長引く可能性があることです。

台風4号はあす5日(火)に九州に上陸もしくは接近するでしょう。その後、台風4号は西日本付近を東よりへ進み、6日(水)までには温帯低気圧に変わる予想です。台風から温帯低気圧に変わる予想ですが、油断はできません。熱帯由来の雨雲の元となる湿った空気を大量に運びこみ、大雨をもたらす予想です。

大雨に警戒を

画像B

あす5日(火)は九州から近畿を中心に非常に激しい雨が降るなど、大雨になる恐れがあります。6日(水)は東海や関東甲信を中心に発達した雨雲がかかり、雨量が多くなるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp