サイト内
ウェブ

「台風4号」西日本から東日本付近へ 滝のような雨 24時間雨量300ミリ超えも

  • 2022年7月4日
  • tenki.jp

メイン画像

台風4号は5日(火)は九州にかなり接近し上陸する恐れがあります。その後、西日本や東日本太平洋側を東へ進み、6日(水)朝には温帯低気圧に変わる見込みです。台風周辺の湿った空気が流れ込み、広く大雨となる恐れがあります。

台風4号の進路と特徴

台風4号は、4日(月)15時には東シナ海にあって、1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいます。

台風は、4日(月)は東シナ海を北上し、次第に進路を東よりに変えて、5日(火)は九州にかなり接近し上陸する恐れがあります。その後、西日本や東日本太平洋側を東へ進み、6日(水)朝には温帯低気圧に変わる見込みです。台風から温帯低気圧に変わる予想ですが、雨雲の元となる熱帯由来の湿った空気を大量に運びこみ、大雨をもたらす予想です。

九州〜東海はさらに雨量が増える恐れ

画像B

台風の北上に伴い、台風周辺の湿った空気が流れ込み、すでに西日本の太平洋側を中心に激しい雨が降り、土砂災害の危険度が非常に高まっている所があります。

九州から東海では、6日(水)にかけて非常に激しい雨などが降り、さらに雨量が多くなるでしょう。

5日(火)18時までに予想される24時間雨量は、多い所で
四国地方:250ミリ
近畿地方:200ミリ
九州南部:180ミリ
九州北部地方、東海地方:150ミリ
奄美地方:80ミリ

その後、6日(水)18時までに予想される24時間雨量は、多い所で
近畿地方、東海地方:200〜300ミリ
四国地方:100〜200ミリ

土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

関東〜北海道も大雨警戒

画像C

東日本から北日本では、太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気が流れ込み、また、上空6000メートル付近には氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいます。5日(火)にかけて大気の状態が非常に不安定となるでしょう。雷を伴った非常に激しい雨などが降り、大雨となる所がありそうです。また、6日(水)は関東にも台風4号から変わる低気圧が近づき、さらに雨量が多くなる恐れがあります。

5日(火)18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
北海道地方、東北地方、関東甲信地方:80ミリ
北陸地方:60ミリ

その後、6日(水)18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
関東甲信地方:100〜150ミリ
北陸地方:50〜100ミリ

土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp