サイト内
ウェブ

2週間天気 台風4号 沖縄や九州に接近 猛暑が収まっても蒸し暑い

  • 2022年7月2日
  • tenki.jp

週明けにかけて、台風4号が沖縄や九州に接近。記録的な猛暑がいったん収まっても、かなり蒸し暑く感じられそう。

3日(日)〜9日(土) 台風4号の影響で荒天も

画像A

来週にかけて、台風4号の影響を受けるでしょう。

台風4号は、きょう2日(土)午前3時現在、南大東島の南約270キロの海上を、1時間に25キロの速さで北北西に進んでいます。きょう2日(土)夜からあす3日(日)明け方に沖縄本島地方と奄美地方に最接近し、4日(月)から5日(火)にかけて九州に接近するおそれがあります。

沖縄や奄美では非常に強い風が吹き、大しけとなるでしょう。高波に警戒してください。また九州南部でも雨量が多くなるため、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に注意、警戒してください。

その後、台風4号は進路を東よりに変えて、7日(木)には熱帯低気圧に変わる見込みです。ただ予報円が大きく、進路が定まっていません。低気圧に変わっても、本州付近には暖かく湿った空気が流れ込むため、広い範囲で雨が降るでしょう。西日本を中心に大雨になるおそれがあります。最新の情報を確認して、早めに備えをしてください。

猛烈な暑さは週明けにはいったん収まりますが、湿気が多くなり、暑さの質が変わります。蒸し暑い日が続きますので、こまめな水分補給や冷房の使用など、熱中症対策を心がけましょう。

10日(日)〜15日(金) 梅雨のような天気

画像B

10日(日)以降は、たびたび気圧の谷の影響を受けて、曇りや雨の日が多いでしょう。九州から東北南部は梅雨が戻ったかのような天気になりそうです。日の差す時間があっても、空模様の変化にご注意ください。

気温は平年より高い日が多く、東海や関東を中心に最高気温が35℃を超える所もあるでしょう。沖縄や九州から関東は、最低気温が25度を下回らず、寝苦しい日が続きそうです。食品が傷みやすい時期ですので、食品の管理にも気をつけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp