サイト内
ウェブ

今夜は満月 東北北部や北海道は観察チャンス 梅雨の沖縄でも観られる可能性あり

  • 2022年6月14日
  • tenki.jp

きょう14日(火)午後8時52分に満月を迎えます。6月の満月は「ストロベリームーン」とも呼ばれます。東北北部や北海道は晴れて、満月が観られるでしょう。沖縄でも、雲の隙間から観られる可能性があります。

6月の満月 「ストロベリームーン」

画像A

きょう14日(火)午後8時52分に満月を迎えます。

満月には英語圏で様々な呼び名があります。4月は「ピンクムーン」、5月は「フラワームーン」などと月ごとに呼び方が変わります。6月の満月は、イチゴの収穫が最盛期を迎える頃などから「ストロベリームーン」と呼ばれます。このような呼び名を思い出しながら、月を眺めてみるのも良さそうです。

なお、きょう14日(火)の札幌の月の出は午後7時21分です。

画像B

きょう14日(火)の夜は、梅雨前線が本州の南に停滞するでしょう。九州から関東は雨が降る見込みです。東北南部も雲が広がるでしょう。満月を観るのには、あいにくの天気です。東北北部と北海道は晴れる所が多く、満月を観られるでしょう。昼間は過ごしやすい陽気の地域も、夜は空気がヒンヤリしてきます。月が出る頃には、上着があるとよいでしょう。
沖縄は雲が多く、雨や雷雨の所がある見込みです。ただ、雲には隙間があり、満月が観られる可能性もあります。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp