サイト内
ウェブ

5月なのに最高気温35℃以上の猛暑日 この先の暑さはどうなる?夏は猛暑?

  • 2022年5月29日
  • tenki.jp

きょう29日(日)は、本州付近は晴れて、群馬県高崎市上里見町と栃木県佐野市で、全国で今年初めて最高気温が35℃以上の猛暑日となりました。5月から猛暑日となるのは3年ぶり。この先の暑さはどうなる?夏は猛暑?

今年初の猛暑日 東京都心などで初真夏日

きょう29日(日)は、本州付近は高気圧に覆われ、中国・四国〜東北の広い範囲で晴れて気温が上昇。真夏日(最高気温30℃以上)地点は今年最多の260地点を超え(全国のアメダス約3割)、猛暑日(最高気温35℃以上)の所もありました。

16時までの最高気温は、群馬県高崎市上里見町と栃木県佐野市で35.2℃と、全国で今年初めての猛暑日となりました。強い日差しと、この時期としては暑い空気が流れ込み、山越えの西よりの風(フェーン現象)の影響も加わったため、真夏並みの暑さとなりました。

昨年(2021年)、全国初の猛暑日は6月9日で、福岡県久留米市、佐賀県佐賀市、大分県日田市の3地点で観測されました。5月中に全国で初の猛暑日が観測されるのは、2019年5月25日に大分県竹田市で35.0℃を観測して以来、3年ぶりです。

また、東京都心31.2℃、名古屋市33.1℃、大阪市31.8℃、広島市31.1℃など、今年初の真夏日になりました。

この先の暑さは?

画像B

この先1週間は、季節先取りの暑さは、少し落ち着く見込みです。最高気温は、あす30日(月)は東京都心などで30℃以上の真夏日となりますが、その他の各地は30℃を下回る所が多いでしょう。真夏日地点は日ごとに少なくなり、週末は東京都心などヒンヤリする日もありそうです。

※あす30日(月)は前線が九州付近まで北上するため、沖縄は晴れて最高気温30℃以上の真夏日の所が多いでしょう。石垣島など八重山諸島では、きょう29日(日)全国で初めて、熱中症警戒アラートが発表されましたが、あす30日(月)も熱中症の危険性が極めて高い気象状況になるとして、熱中症警戒アラートが発表されました。エアコンを使用し、こまめに休憩や水分を取りむりのないよう十分に注意しましょう。

この夏はどうなる?

画像C

気象庁によりますと、今後、夏にかけてラニーニャ現象が続く可能性が高い(70%)と予測しています。ラニーニャ現象とは南米ペルー沖の海面水温が通常よりも低くなる現象です。ラニーニャ現象が発生すると大気にも影響を及ぼし、世界各地で気圧配置などがいつもとは違った状態になり、雨や雪の降りやすい場所や、風の吹き方、気温などが変わってきます。

「ラニーニャ現象」発生時の日本は、梅雨は西日本を中心に雨が多くなり、夏(8月を中心とする3ヶ月)は、西日本を中心に気温が高くなる傾向があります。最近、ラニーニャ現象だった2020年夏は、全国的に高温・多雨となり、8月17日に静岡県浜松市で41.1℃を観測し、国内最高気温記録(1位タイ)となりました。

本州も間もなく梅雨入り

画像D

まもなく6月。そろそろろ本州でも梅雨入りが気になる頃です。平年ですと、九州から関東は6月上旬に順次梅雨入りになりますが、今年も同じ傾向となりそうです。

今年は梅雨入り前から猛暑日となりましたが、今年の夏は例年以上に暑くなる予想となっています。暑さに慣れる暑熱順化を心がけ、熱中症には十分に注意しましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp