サイト内
ウェブ

九州や東海地方で雨雲発達 26日午後は 局地的に雷雲も発達「滝のような雨」の所も

  • 2022年5月26日
  • tenki.jp

26日木曜正午現在、雨雲レーダーを見ますと、九州や東海地方を中心に、発達した雨雲がかかっています。午後は、雨のエリアが東へ進み、雷雲も発達するため、四国など「滝のような雨」の降る所もあるでしょう。最新の気象情報を確認して、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に、ご注意ください。

沖縄だけでなく 九州や東海地方でも 雨雲が発達中

きのう25日水曜は、本州の山沿いを中心に、大気の状態が不安定になったため、あちらこちらで「ひょう」が降り、福島県二本松市では、突風の被害がでました。

そして、きょう26日木曜は、25日水曜とは違ったエリアで、大気の状態が不安定になってきています。

雨雲レーダーを見ますと、正午現在、梅雨入りしている沖縄では、先島諸島を中心に、雨雲がかかっています。また、九州や東海地方でも雨雲が広がり、一部に、発達した雨雲がみられます。

1時間降水量は、沖縄県宮古島市で43.5ミリ(10時32分まで)、石垣市で40.5ミリ(10時30分まで)を観測しました。

また、大気の状態が不安定になっているため、正午現在、沖縄や九州〜東海、北陸の広い範囲と、北海道の一部に「雷注意報」が発表されています。落雷や竜巻などの突風、急な強い雨に注意が必要です。

26日木曜午後 雨のエリアは東へ 「滝のような雨」の所も

画像B

26日木曜午後は、雨雲は東へ進むでしょう。九州の雨は夜にはやんできますが、中国、四国や近畿も広く雨が降り出し、局地的には、雷雲も発達しそうです。

特に、四国では、夜のはじめ頃から、大気の状態が「非常に不安定」になるため、1時間に50ミリ以上〜80ミリ未満の「非常に激しい雨」の降る所がありそうです。非常に激しい雨とは、滝のように降る雨で、傘は全く役に立たなくなり、車の運転は危険なレベルです。

中国、四国や近畿、東海では、雨の強まる時間帯が、夜、暗くなる時間帯と重なりますので、最新の気象情報を確認するなど、十分お気をつけください。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像C

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。

②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。

③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp