サイト内
ウェブ

福島県などに発達した雨雲 今夜もしばらく急な激しい雨、落雷、竜巻などの突風に注意

  • 2022年5月25日
  • tenki.jp

きょう(25日)は、本州の内陸や山沿いを中心に、所々に雷雲が発生しています。福島県の二本松では1時間に30ミリ以上の激しい雨が観測されました。今夜もしばらくは、急な激しい雨、竜巻などの突風などに十分ご注意ください。

今夜も内陸や山沿いは急な雷雨に注意

画像A

きょう(25日)の午後は、地上の気温の上昇と上空の寒気の影響で大気の状態が不安定となっていて、山沿いや内陸を中心に局地的に雷雲が発生しています。

福島県中通りでは特に雷雲が発達し、二本松市では17時32分までの1時間に32.5ミリの激しい雨が観測されました。午後6時45分現在、二本松市周辺には土砂災害警戒情報が発表されています。危険な斜面などには近寄らないようにしてください。

今夜もしばらくは、東北南部や東日本を中心に、雷雲が発生しやすい状況が続きます。急な激しい雨や落雷、竜巻などの突風、ひょうにご注意ください。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像B

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。
②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。
③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp