サイト内
ウェブ

東北2週間天気 27日(金)は大雨のおそれ 6月早々に梅雨の気配

  • 2022年5月24日
  • tenki.jp

この先の東北地方は、梅雨の気配がだんだんと漂う見込み。6月に入ると雨が降りやすくなるため、晴れた日は洗濯物の外干しなど、日差しを有効に活用するのがおすすめ。

27日(金)は局地的に大雨のおそれ

天気は短い周期で変わりますが、梅雨前線北側の高気圧におおわれて、晴れ間の出る日もある見込みです。

あす25日(水)は、広い範囲で晴れて、最高気温が25℃以上の夏日の所が多いでしょう。最高気温が30℃以上の真夏日の所もあり、厳しい暑さになりそうです。炎天下での作業や運動は休息や水分をこまめにとるようにして、無理のないようにしましょう。
気温の上がる午後は山沿いを中心に、所々でにわか雨の可能性があります。特に福島県の会津地方では雷雲が発達するおそれがあるため、落雷や突風などに十分注意してください。

26日(木)は、変わりやすい天気で、午後は秋田県の北部を中心に雨雲が湧いてくる可能性があります。特に白神山地周辺では雷雲が発生しやすく、天気の急変に注意が必要です。

27日(金)は、低気圧や前線の影響で広く雨が降り、雷を伴って雨脚の強まる所がありそうです。局地的に大雨のおそれがあるため、最新の予報をこまめに確認してください。また、南よりの風が三陸沖を中心に強まるため、横殴りの雨に注意が必要です。

28日(土)は雨の降る所があるものの、29日(日)は各地で晴れて行楽日和となりそうです。貴重な晴れ間となるため、日差しを有効に活用してください。

30日(月)は、前線が西から北上するため、東北南部を中心に雨が降るでしょう。

31日(火)は、前線が再び南下する可能性があり、晴れ間の期待できる所がありそうです。

梅雨の気配が漂う 6月2日(木)以降は雨が降りやすい

画像B

梅雨前線や湿った空気の影響で、6月2日(木)以降は雨が降りやすいでしょう。洗濯にはあいにくの天気が続きそうです。

極端に暑くなる日はないものの、湿度が上昇するため、ジメジメする日が増える見込みです。このため、食中毒の原因となる細菌が繁殖しやすくなります。生鮮食品や総菜などは、できるだけ早く冷蔵庫へ。肉料理はしっかりと加熱しましょう。調理の前や食事前には手洗いを徹底し、まな板などの調理器具、保存容器を清潔に保つことも大切です。

平年より早い梅雨入りへ 衣替えは晴れた日がおすすめ

画像C

日本気象協会の梅雨入り予想では、東北地方の梅雨入りは、南部は6月9日頃、北部は6月12日頃と予想されています。
今年の梅雨入りは、平年と比べ、南部・北部ともに3日ほど早くなる見通しです。
※東北地方の梅雨入りの平年値(南部は6月12日頃、北部は6月15日頃)

今年は、例年より早く本格的な雨のシーズンに突入する可能性があります。

衣替えは、湿度の低い晴れた日に行うのがおすすめです。衣類はもちろん、収納容器やクローゼット内にカビが発生してしまうのを防ぐために、風通しを良くして作業しましょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp