サイト内
ウェブ

東海地方 晴れの天気は一旦あす25日まで 26日〜27日は広く雨 雷雨にも注意

  • 2022年5月24日
  • tenki.jp

東海地方は、この先、短い周期で天気が変わるでしょう。26日(木)から27日(金)は、広い範囲で雨となり、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうに注意が必要です。土日は、再び晴れますが、暑さが一段と増すでしょう。

名古屋で3日連続の夏日 あす25日まで晴れる所が多い

きょう24日の東海地方も、朝から日差しに恵まれて、気温がぐんぐん上がりました。15時までの最高気温は、名古屋市千種区で28.1℃まで上がり、3日連続の夏日となりました。また、東海地方で一番気温が高かったのは、岐阜県多治見市で29.4℃と、真夏日一歩手前でした。

日中は日差しも強く暑い日が続き、朝晩との気温差は10℃以上と、寒暖差が大きくなっています。十分に休息をとるなどして、体調管理に気を付けて下さい。

今夜からあす25日にかけても、高気圧に覆われるため、晴れる所が多いでしょう。
ただ、岐阜県の山地では、気温が上がり、大気の状態が不安定となる見込みです。あす25日の午後は、雨や雷雨となる所があるため、天気の急変に注意して下さい。
夏日が続く所が多いため、こまめに水分をとるなどして、熱中症対策を心がけて下さい。

26日(木)から27日(金)は広く雨 雷雨に注意

画像B

26日(木)から27日(金)は、広い範囲で天気が崩れそうです。

湿った空気が入り、西からは前線が近づき、東海地方を通過していく見込みです。
26日(木)は朝から雲が多く、一日を通して雨が降りやすいでしょう。名古屋市内も、午後になると、雨の降る時間がありそうです。日付の変わる頃には広い範囲で雨となり、27日(金)の昼過ぎにかけて続く見込みです。

上空には冷たい空気が入るため、大気の状態が不安定となる地域があるでしょう。雷を伴って、雨脚が強まる可能性があります。また、竜巻などの激しい突風やひょうにも注意して下さい。

「大気の状態が不安定」と聞いたら

画像C

名古屋の月別雷日数を見ますと、これから夏にかけて、雷の発生数が多くなっています。特に、夏に比べて今の時期は、上空の気温も低いため、ひょうが降ったりもします。「大気の状態が不安定」と聞いたり、雷注意報が出ていたら、落雷はもちろん、竜巻などの激しい突風、ひょうにも注意して下さい。雷などで危険を感じた場合は、安全な建物に直ちに避難するようにしましょう。

2週間天気後半:6月1日(水)〜6日(月)

画像D

2週間天気後半は、晴れる日もありますが、前線や湿った空気の影響を受けて、曇りや雨の日が増えそうです。

雨の季節が近づいていますが、改めて自宅や職場など自分がよくいる場所で、どんな災害の危険があるかを考えてみましょう。また日頃から、天気予報や防災情報を見る習慣を身につけておくと、いざという時の判断に役立ちます。災害が起きた時に、できるだけスムーズに行動できるよう、普段から備えておきましょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp