サイト内
ウェブ

九州 この夏の天候 どうなる梅雨 夏の暑さは?

  • 2022年5月24日
  • tenki.jp

最新の3か月予報によると、九州の梅雨は6月を中心に梅雨前線の活動が活発になり、大雨への警戒が必要です。この夏は高温傾向で、梅雨明け後の7月は猛暑になる見込みです。

梅雨の見通しは

九州は、まもなく本格的な雨の季節に入ります。

最新の3か月予報によると、九州の梅雨の時期(6月〜7月)の降水量は、平年並みか平年より多くなる見込みです。
6月から7月は、太平洋高気圧の北への張り出しが例年より早く強まるため、梅雨前線の九州付近への北上も早まりそうです。

例年、九州は梅雨の最盛期は7月頃が中心になりますが、ことしは6月から早くも梅雨の最盛期に入り、大雨が降りやすくなる可能性があります。
7月は梅雨前線が早めに九州の北へ北上し、九州は平年より早く梅雨が明けそうです。
梅雨明けの平年は、九州南部は7月15日頃、九州北部地方は7月19日頃です。

ことしの梅雨は、大雨が降りやすい時季が例年より早まりますので、早めの備えをしておきましょう。特に、6月は降水量が平年並みか平年より多くなる見込みで、大雨に対して十分に警戒をして下さい。

また、8月は太平洋高気圧に覆われて夏空が広がりますが、一時的に太平洋高気圧が弱まり、大気の不安定な時期がある見込みです。梅雨明け後も、局地的な雷雨に注意が必要です。

夏の気温

画像B

この夏の九州の気温は、平年並みか平年より高く、厳しい暑さになる見込みです。

6月から8月にかけて、高温傾向が続くでしょう。特に、梅雨明け後の7月は猛暑になります。ことしは梅雨明けが平年より早い見込みで、暑さが厳しい期間が長くなりそうです。
この夏は、万全な熱中症対策が必要でしょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp