サイト内
ウェブ

24日の紫外線情報 「きわめて強い」所が多い 対策を万全に

  • 2022年5月24日
  • tenki.jp

きょう24日(火)は、紫外線が「きわめて強い」所が多いでしょう。日焼け止めクリームや日傘、帽子などで対策を万全にしてお出かけください。

万全の紫外線対策を

24日(火)は、東北から九州にかけて、強い日差しが照り付けるでしょう。そのため、「大変強い」か「きわめて強い」所が多い見込みです。朝の外出から、紫外線対策が必要です。日やけ止めクリームを塗り、さらに日傘や帽子が必要です。さらに気になる方は、UV対策用の手袋やカーディガンなど羽織る物も活用するのも良いでしょう。

沖縄は曇りや雨で、紫外線は「弱い」ですが、紫外線はわずかでも届きますので、日焼け止めを塗るなどの対策をしておいたほうが安心です。

紫外線が強いのはいつ?

画像B

紫外線は、季節や時刻、緯度によっても、量が大きく変わってきます。

① 同じ気象条件なら、太陽が頭の上にくるほど、紫外線の量が強まります。日本では、1年のうちで、春から初秋にかけて紫外線が強まり、4月〜9月に1年のおよそ70〜80%の紫外線が降り注ぎます。最も紫外線が強いのは、6月から8月の夏の時期です。
② 1日のうちで一番紫外線が強い時間は、正午頃をはさむ数時間です。夏の午前10時〜午後2時には、1日のおよそ70%の紫外線が降り注ぎます。
③ また、緯度によっても、紫外線の強さは異なり、北から南へ行くほど(緯度が低くなるほど)紫外線は強くなります。年間の紫外線量は、沖縄と北海道では、2倍程度の違いがみられます。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp