サイト内
ウェブ

北陸や関東付近 あす23日(月)昼頃にかけて急な強い雨や雷雨に注意

  • 2022年5月22日
  • tenki.jp

北陸や関東付近は、あす23日(月)昼頃にかけて、雨雲が発達しやすいでしょう。急な強い雨や雷雨に注意が必要です。

北陸や関東付近 強い雨や雷雨に注意

画像A

きょう22日(日)夜からあす23日(月)午前中にかけて、上空5500メートル付近では、マイナス18℃以下の寒気が関東付近まで流れ込む見込みです。平年より5℃くらい低い寒気です。日本海を東へ進む低気圧に向かって湿った空気が流れ込み、北陸や関東付近は大気の状態が非常に不安定になるでしょう。

22日(日)夜から23日(月)午前中にかけて、北陸3県では、所々で雨が降り、新潟県では広く雨が降るでしょう。雨雲は発達しやすく、雷が鳴ることもある見込みです。関東も雨や雷雨の所があるでしょう。東北南部でも、所々で雨が降り出し、23日(月)明け方から昼頃を中心に広く雨が降る見込みです。雷を伴うこともあるでしょう。急な強い雨や雷雨に注意が必要です。雷雲の周辺では、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降ることもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物の中など安全な場所に直ちに移動してください。

発雷確率とは、雷がどれだけ発生しやすいかを示したものです。オレンジから赤、紫と色ごとに確率が高くなります。

雷が近づいたら 家の中でやるべきこと

画像B

雷雲が近づいた場合、家の中にいても、身を守るためにやっていただきたいことが2つあります。

1つめは、窓から離れて、家の中央に避難することです。雷が鳴る時には、突風が吹くこともあり、突風によって窓ガラスが割れる恐れがあります。雷が鳴っているかどうか、外の様子が気になるかもしれませんが、窓やカーテンはしっかり閉めて、窓から離れましょう。特に、大きなガラス窓の下や周囲は、大変危険ですので、絶対に近づかないでください。

2つめは、雷が近づいたら、家電製品のコンセントを抜くことです。雷が落ちると、パソコンなどが故障する場合がありますが、それを防ぐのは簡単です。コンセントを抜くだけで、雷から家電製品を防護できます。

雷の音が聞こえなくなっても、20分くらいは、むやみに外に出ないでください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp