サイト内
ウェブ

関東 週末は曇りや雨 4月並みの気温も 週明けはまた夏日 梅雨入り徐々に近づく

  • 2022年5月20日
  • tenki.jp

関東地方は、この週末(21日、22日)は、すっきりしない天気になりそうです。気温もここ数日の暑さから一転して、少しひんやりと感じられる所もありそうです。

21日 お出かけには雨具を持参 ひんやりする所も

画像A

関東地方は、この週末はすっきりしない天気になりそうです。21日は、各地で雲に覆われて、都内や埼玉県、神奈川県は朝から夕方にかけて雨の降る所があるでしょう。千葉県や茨城県は昼前から所々で雨雲がかかりそうです。栃木県は午後になると雨の降る所があるでしょう。群馬県は夜の初め頃にかけて、雨の降りやすい天気が続きそうです。局地的にざっと強く降る所もあるでしょう。お出かけの際は雨具をお持ちになり、空模様の変化にご注意ください。

最高気温は、各地で平年を下回りそうです。20日は東京都心や熊谷、前橋、宇都宮、水戸など25℃以上の夏日になった所が多く、秩父など標高の高い所でも夏日になりました。しかし、21日は一転して、22℃くらいの所が多く、夏日の所はなさそうです。秩父やみなかみなどでは20℃に届かない見込みです。4月並みの気温の所が多いでしょう。半袖の陽気から一転して、ひんやりと感じられる所もありそうです。

22日 午後は次第に天気が回復

画像B

22日は湿った東よりの風が流れ込み、各地で雲が広がりやすいでしょう。午前中は雨雲のかかる所がありそうです。午後も雲が多いですが、天気が回復に向かうでしょう。朝、雨が止んだ後は洗濯物を外に干しても良さそうです。朝からのお出かけの方は、晴雨兼用傘を持参すると、雨の後は日傘として活躍するでしょう。

最高気温は、熊谷や前橋など内陸では25℃くらいまで上がりそうですが、東京都心などは23℃くらいで平年並みでしょう。

週明けは日差したっぷり 再び夏日に

画像C

週明け23日は朝から青空が広がるでしょう。日差しがたっぷり届く見込みです。24日も一日を通しておおむね晴れるでしょう。朝の通勤・通学の時間帯から日傘が必要になりそうです。

最高気温は、平年並みか高く、再び25℃以上の夏日の所が増えるでしょう。日焼け止めを塗るなどの紫外線対策に加えて、こまめな水分補給を心がけて、熱中症にご注意ください。

今年の関東甲信の梅雨入りは?

画像D

週明けは晴れる予想ですが、梅雨入りも徐々に近づき始めています。関東甲信の梅雨入りの平年は6月7日ごろ、昨年は6月14日ごろに梅雨入りとなりましたが、今年は少し早くなりそうです。

19日に日本気象協会が発表した「梅雨入り予想」によると、関東甲信の梅雨入りは6月4日ごろの予想です。あと2週間ほどで長雨の季節に入るでしょう。梅雨入りしてから慌てないように、いまのうちから側溝や雨どいなどの掃除をしたり、ハザードマップを確認するなど、大雨への備えをしておくと安心です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp