サイト内
ウェブ

2週間天気 前線南下で西・東日本の梅雨入りはまだ先 気温のアップダウンに注意

  • 2022年5月15日
  • tenki.jp

16日(月)以降は、前線が南下。本州付近は晴れる日が多くなり、西日本や東日本の梅雨入りは、まだ先になりそう。気温の変化が大きくなるため、体調管理に注意を。

前半:16日(月)〜22日(日)

あす16日(月)〜17日(火)は前線が南下して、本州付近は晴れる所が多いでしょう。ただ、湿った空気の影響を受ける関東や東北の太平洋側は雲が多く、雨の降る所がありそうです。あすの最高気温は、東京や仙台では20℃に届かず、上着が必要でしょう。

18日(水)は高気圧に覆われて、全国的に晴れる見込みです。沖縄と奄美は、貴重な梅雨の晴れ間となるでしょう。

19日(木)は気圧の谷の影響を受ける北陸や東北は変わりやすい天気で、急な雨にご注意ください。北海道は20日(金)も雨の降る時間がありそうです。

また20日(金)は前線が北上して、九州から関東は太平洋側ほど厚い雲に覆われるでしょう。前線上に低気圧が発生して、雨の範囲が西から東へ広がることが考えられます。21日(土)と22日(日)は暑さが増して、東京では連日の夏日に。仙台も、21日(土)は汗ばむような陽気になりそうです。

後半:23日(月)〜28日(土)

画像B

天気は短い周期で変わるでしょう。

23日(月)と24日(火)はすっきりしない天気で、近畿や関東など雨の降る所がありそうです。その後、25日(水)と26日(木)は全国的に晴れますが、27日(金)は再び雲が増えて、沖縄では梅雨空が戻るでしょう。

日ごとの気温の変化が大きく、雨が降ってヒンヤリする日もありそうです。九州から関東では、最高気温が25℃くらいでも平年並み。脱ぎ着のしやすい服装で調節をしてください。

2022年梅雨入り予想

画像C

日本気象協会の梅雨入り予想では、九州南部が5月27日頃と、雨の季節が近づいてきました。九州から東北は、いずれも平年より早い予想となっています。

きのう14日(土)にかけて、梅雨の頃のような大雨になった所もありましたが、梅雨入り前から大雨への備えが必要です。ハザードマップを確認するなどしてください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp