サイト内
ウェブ

西日本と東日本は今夜から明日14日の朝にかけて低気圧が通過 大雨に警戒

  • 2022年5月13日
  • tenki.jp

きょう13日(金)の夜からあす14日(土)の朝にかけて、局地的に雷雨や非常に激しい雨が降るでしょう。大雨による土砂災害や低い土地への浸水、川の増水に警戒してください。

大雨のエリアが段々と東へ進む

画像A

きょう13日(金)は、梅雨前線が九州南部から本州南岸付近に停滞し、前線上を低気圧が東に進んでいます。そのため、西日本や東日本では、太平洋側を中心に断続的に雨が降り、夕方から鹿児島では1時間に40ミリを超える激しい雨の降った所もありました。九州ではあと数時間は大雨に警戒を続けてください。

今夜からあすの朝にかけて、前線上を低気圧が進む見込みです。この低気圧が接近するタイミングで雨が強まるでしょう。具体的には、九州は今夜21時頃にかけて、四国は日付の替わる14日0時頃にかけて、近畿は13日21時頃から14日3時頃にかけて、東海は13日21時頃から14日6時頃にかけて、関東甲信は14日3時頃から9時頃にかけてとなっています。局地的に滝のようにゴーゴーと降り続く、非常に激しい雨の降ることもあるでしょう。

このあとさらに100ミリ以上の雨が降る所も

画像B

降り続く雨で、すでに高知県や宮崎県では、降り始めから200ミリを超える雨が降った所もありますが、さらに雨の量が増えそうです。

14日18時までの24時間に予想される雨量は(多い所で)
沖縄地方、四国地方、近畿地方、東海地方 150ミリ
関東甲信地方              120ミリ
奄美地方                100ミリ
その後、15日18時までの24時間に予想される雨量は(多い所で)
沖縄地方             50から100ミリ
となっています。

これまでの雨で地盤が緩んでいる所もありますので、土砂災害や低い土地への浸水、川の増水に警戒してください。また、雨のピークが深夜の所もあります。お休みの際は、情報がすぐにわかるように、枕元にスマートフォンやラジオを用意しておくとよいでしょう。斜面や崖などの近くにお住まいの方は、なるべく斜面からは反対の位置で休むなど万が一の対策をなさってください。

あす14日 九州から東海は天気回復 関東から北海道はスッキリしない天気

画像C

あす14日(土)は、九州から東海にかけては、朝までは雨の降る所はありますが、日中は天気は回復に向かうでしょう。関東は千葉県や茨城県など沿岸部を中心に昼頃まで雨が降りそうです。午後も雲の多い天気は続くでしょう。東北の太平洋側も昼過ぎまで雨が降りそうです。北陸と東北の日本海側、北海道は、日本海を進む低気圧の影響で日中は曇りや雨の所が多くなるでしょう。

あす注意しないといけないのは、雨のほかに気温です。きょう気温があまり上がらなかった西日本と東日本ではグンと上がり、東京は28℃と、きょうより8℃ほど高い予想です。ほかにも高知27℃、広島26℃など、きょうより5℃以上高い所もありそうです。また、きょう平年より大幅に高かった秋田は17℃と10℃以上低い予想です。気温の変化が大きくなりますので、暑くなる所ではこまめな水分補給を、寒くなる所では服装で上手に調節なさってください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp