サイト内
ウェブ

関東や東海にまとまった雨雲 どしゃ降りの雨も 次の雨雲が九州や四国付近に

  • 2022年5月13日
  • tenki.jp

13日の明け方から朝にかけて、東海や関東は沿岸部を中心に雨で、降り方の強まった所も。また、別の雨雲が九州から四国付近にかかり、ゆっくりと東へ拡大中。いま雨の弱まっている所や、やんでいる所も、再び雨脚が強まり、激しく降るおそれがあります。

今朝 まとまった雨雲が東と西に

きょう13日の明け方から朝にかけて、東海や関東は広く雨で、静岡空港で1時間20.5ミリ(5時10分まで)と、どしゃ降りの雨に。また、千葉県館山市で1時間12.5ミリ(6時28分まで)と、関東の沿岸部でザーザー降りの雨になった所があります。
九州や四国、中国地方にも、別の雨雲が広がってきており、大分県日田市で1時間15.5ミリ(6時30分まで)など、九州では1時間15ミリ前後の雨の降った所があります。

東海や関東にかかっている雨雲は次第に東へ離れますが、九州付近の雨雲は今後さらに発達しながら東へ広がる見込みです。

帰宅時間帯が雨のピークに 道路の冠水など交通への影響の可能性

画像B

夜の帰宅時間帯は広い範囲で雨となり、沖縄や九州から関東にかけて雨脚が強まりそうです。
太平洋側の地域を中心に、1時間30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。
道路が冠水するなど、交通に影響が出ることも考えられますので、気象情報に加え、交通情報にも注意が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp