サイト内
ウェブ

九州 12日〜13日 活発な前線北上 南部を中心に大雨警戒

  • 2022年5月11日
  • tenki.jp

あす12日から13日(金)、九州付近で前線の活動が活発になるため、九州南部を中心に大雨のおそれがあります。梅雨時のような雨の降り方になりますので警戒して下さい。

11日午後は天気小康

画像A

きょう11日、奄美地方で梅雨入りが発表されました。平年より1日早く、昨年より6日遅い梅雨入りです。
九州は気圧の谷や湿った空気の影響で、雨が降っている所が多くなっていますが、宮崎県付近にかかっていた活発な雨雲は東へ離れました。

このあと午後は、九州付近の雨雲は次第に少なくなり、日中はいったん雨が止む所が多くなるでしょう。

あす12日〜13日 九州南部は大雨に警戒を

あす12日から13日(金)は、一時的に梅雨前線が九州付近へ北上してくる見込みです。前線上には低気圧が発生して九州付近を通過するため、大気の状態が非常に不安定になり、前線の活動が活発化する見込みです。

あす12日は九州各地で雨となり、九州南部や熊本県、大分県は昼前にかけて雷を伴い一時バケツをひっくり返したような激しい雨や滝のような非常に激しい雨が降る所があるでしょう。13日(金)にかけて断続的に雨が降り、局地的に激しい雨が降る見込みです。

あす12日昼までに予想される雨量は、九州南部の多い所で180ミリ。13日にかけてさらに雨量が増え、総雨量は九州南部は局地的に300ミリを超えるおそれがあります。

まるで梅雨時のような雨の降り方になりますので、土砂災害や河川の増水・氾濫、低地の浸水などに警戒が必要です。落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意下さい。
また、こまめに最新の気象情報を確認するようにしましょう。

なお、今週末は前線は九州の南海上へ下がるため、天気は回復し、九州北部を中心に晴れ間がでる見込みです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp