サイト内
ウェブ

15日 関東や北陸、東北を中心に雨 小笠原諸島は台風1号の接近で大荒れ

  • 2022年4月15日
  • tenki.jp

きょう15日も前線が本州付近に延び、関東や北陸、東北を中心に雨の所が多いでしょう。台風1号が接近している小笠原諸島は、暴風や高波、大雨による土砂災害に厳重な警戒が必要です。

前線や湿った空気に伴うまとまった雨雲 関東から北陸、東北に

きょう15日(金)も、前線や湿った空気の影響でスッキリしない天気の所が多いでしょう。特に雨の降る時間が長いのは、関東甲信と北陸、東北です。
【各地の天気】
沖縄は大体晴れ。ただ、急に雨の降りだす所もありそうです。
九州と四国、山陽は、雨雲は離れつつあり、昼頃から次第に晴れ間が広がるでしょう。
山陰や近畿、東海は、午前中は厚い雲に覆われ、雨の降る所が多いでしょう。太平洋沿岸の地域では、ザッと強く降る可能性もあります。午後は雲の間から日の差すこともありますが、湿った空気の影響が残るため、所々でにわか雨がありそうです。
関東甲信と北陸、東北は一日雨が降ったりやんだり。関東の沿岸部では雨が本降りになることもあり、北よりの風がやや強く吹くでしょう。
北海道は、朝のうちは太平洋側ほど雲が多く、弱い雨や雪の降る所もありそうです。昼頃からは広く晴れるでしょう。

小笠原諸島 暴風のピークは昼前から昼過ぎ

画像B

台風1号の接近により、小笠原諸島は大荒れの天気となるでしょう。
朝のうちには暴風が吹き始めて、ピークは昼前から昼過ぎとなる予想。一部の電柱が倒壊するほどの猛烈な風が吹くおそれがあります。外出は極めて危険な状況です。また、家の中でも、カーテンやブラインドなどを閉めて窓からできるだけ離れた所で過ごすようにしてください。
また、断続的に滝のような雨が降るでしょう。土砂災害にも厳重な警戒が必要です。海は猛烈にシケるでしょう。
【予想される風速・波の高さ・雨量】
●最大風速(最大瞬間風速):40メートル(60メートル)
●波の高さ:12メートル
●あす16日午前6時までの24時間に予想される雨量:150ミリ

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp