サイト内
ウェブ

台風1号 大型で非常に強い勢力 今が発達のピーク

  • 2022年4月14日
  • tenki.jp

台風1号は、きょう(14日)午前9時現在、「大型」で「非常に強い」台風です。今が発達のピークで、あす(15日)は「強い」勢力で小笠原諸島に最接近するでしょう。

台風1号 発達のピークに

画像A

大型で非常に強い台風1号は、きょう(14日)午前9時現在、日本の南にあって、1時間に15キロの速さで北北東に進んでいます。中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルです。中心から半径150キロ以内では、風速25メートル以上の暴風域となっています。
台風は、このあと北よりに進み、きょう(14日)午後9時には「強い」勢力になるでしょう。あす(15日)午前9時には、強い勢力を保ったまま、父島の南南西約160キロの海上に進む予想です。
台風1号は、今が発達のピークとみられます。勢力が「非常に強い」から「強い」に変わっても、大型であること、暴風域を伴っていることから、広い範囲で影響が出るでしょう。

あす15日 小笠原諸島に最接近

台風1号が小笠原諸島に最も近づくのは、あす(15日)朝から昼過ぎにかけてとなるでしょう。
小笠原諸島では、きょう(14日)は雨や風が強まり、海上では大しけとなりそうです。あす(15日)は、猛烈な風や猛烈なしけとなり、外出が困難になるほどでしょう。大雨による土砂災害が発生する可能性も高まります。最新の情報をこまめに確認して、台風に備えてください。
台風の直接的な影響を受けない沖縄や九州から関東も、うねりを伴って波が高くなりそうです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp