サイト内
ウェブ

2週間天気 大型で非常に強い台風1号 小笠原諸島に接近へ 気温変化この先も大きい

  • 2022年4月14日
  • tenki.jp

大型で非常に強い台風1号は、15日に小笠原諸島に最も接近する予想です。この先も気温の変化が大きいでしょう。4月下旬は、曇りや雨でも最高気温は25℃くらいの日がある見込みです。

台風1号 15日朝から昼過ぎに小笠原諸島に最接近

画像A

大型で非常に強い台風1号は、14日午前9時、日本の南を北北東へ1時間に15キロの速さで進んでいます。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートルで、暴風域を伴っています。台風1号は、今後も北上し、強い勢力を保ちながら、15日朝から昼過ぎに、小笠原諸島に最も接近する見込みです。
小笠原諸島では、14日昼過ぎから風が強まるでしょう。15日は猛烈な風が吹き、猛烈なしけになる見込みです。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、14日は20メートル(30メートル)、15日は35メートル(50メートル)です。予想される波の高さは、うねりを伴って、14日は7メートル、15日は12メートルです。不要不急の外出は控え、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。うねりを伴った高波にも厳重な警戒が必要です。
台風の接近に伴って、雨脚も強まるでしょう。14日に予想される1時間降水量は、多い所で20ミリです。15日には、台風本体の発達した雨雲がかかるでしょう。雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨になる見込みです。15日に予想される1時間降水量は、多い所で60ミリです。15日午前6時までに予想される24時間降水量は、多い所で80ミリ、その後16日午前6時までに予想される24時間降水量は、多い所で100ミリから200ミリです。土砂災害に厳重に警戒してください。
台風1号は、小笠原諸島に接近した後、日本の東を北東へ進むでしょう。17日には、千島の東で温帯低気圧に変わる見込みです。本州付近は、台風の直接の影響を受けることはないでしょう。

15日〜21日

15日は、本州付近に前線が停滞する見込みです。近畿から東北を中心に雨が降るでしょう。東海では、朝まで雷が鳴る所がある見込みです。
16日から17日は、大陸から高気圧が本州付近に張り出すでしょう。日の差す所が多い見込みです。ただ、東海付近では、気圧の谷の影響で雨雲がかかるでしょう。
18日から19日にかけて、本州の南を低気圧が東進する見込みです。九州から東北を中心に雨が降るでしょう。20日は、本州付近は高気圧に覆われて、広く晴れる見込みです。
21日は、高気圧は次第に東へと中心を移すでしょう。九州付近に湿った空気が流れ込み、九州や中国地方、四国を中心に雨が降る見込みです。
最高気温は、15日は、関東で15℃に届かないなど、九州北部から東北を中心に平年より低い予想です。16日は、九州から東海は20℃くらいの所があり、関東も15℃を超えるでしょう。広く平年並みになる見込みです。気温の変化が大きくなりますので、体調を崩さないようお気をつけください。17日から21日は、最高気温は平年並みの日が続く所が多いでしょう。

22日〜27日

画像C

22日から27日、この期間も天気は短い周期で変わるでしょう。24日から26日頃にかけて、日本付近を前線が南下する見込みです。前線が通過するタイミングで雨が降るでしょう。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になる可能性もあります。この場合は、短い時間で雨量が多くなることが考えられます。雷が鳴ったり、突風が吹くようなこともあるでしょう。最新の気象情報をご確認ください。
この期間、日本列島は暖かい空気に覆われるでしょう。曇りや雨の日でも、けっしてヒンヤリすることはありません。というより、雨が降る日は、むしろ南から暖かい空気が流れ込むことで、気温が上がりやすいでしょう。最高気温は九州から関東で25℃くらいまで上がる日がある見込みです。まだ身体が暑さに慣れていない時期です。春の熱中症にご注意ください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp